北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1708】Maison Joseph Drouhin Domaine des Hospices de Belleville Morgon 2015

 
モルゴン ドメーヌ・デ・オスピス・ド・ベルヴィル [2015] ジョゼフ・ドルーアン
 
 まず見た目。グラスに注ぐ際には、なんだか青紫色がかった、ボジョレーっぽい色彩とみえたけれども、グラスに入れてみると、意外とダークな色彩で赤茶色っぽくもみえる。グラスの辺縁も青みがかっている気配はなく、透明感のあるよくある赤ワイン、といったところ。香りは、チープな駄菓子のような香りと、梅線香系の香りが別々のタイミングで匂ってくる。
 
 で、口に入れると、初手からミネラリーいっぱいの濃いボジョレー(ガメイ種)系。モルゴンにありがちなアルカリ土類金属っぽい風味がこみあげてくるんだけど、凄く風味が濃い。ドルーアンって、割と軽々とした飲み口が多いと思っていただけにこれは意外。どういうつもりなんだろう。ただ、チーズ&じゃがいもや豚肉料理と一緒に食べると、酸味と苦みが強調されてまずまず食事に付き合ってくれる。それでも苦みとアルカリ土類金属風味がきつくて楽なワインではない。「ドルーアンは早飲み」ってイメージがあって抜栓したけれども、さすがにこいつは長熟型で2015は早すぎたのか?
 
 とはいえ、1時間ほど経って来ると果実味がほっこり膨らんできて、豊かなボジョレーらしくなってきた。そこにミネラルが加わってなかなか良い。それでも酸味が変に強すぎて辛いところがある。明日になったらもっと酸っぱくなっているかも。模範的なモルゴンと言うにはアンバランスかも。
 
 ※翌日。酸っぱいなりにワインとしての辻褄があってきたというか、適度に減った苦み、こみあげてきた果実味、例のアルカリ土類金属、そして森の下草のような風味と乳酸系と思いたくなるミルキーな口当たりで旨い。ということは、早飲み系の多いドルーアンとはいえ、モルゴンはちゃんと熟成させて飲むべきってことなのか。しかし、この価格帯のモルゴンを長く手元で寝かせるのは無理。もうちょっと高いモルゴンでさえ、早めに飲んじゃうしかないのに。これは、巨大地下室とか持っている人向きなワインなのかも。
 

【1707】Stocco Le Pianure Pinot Grigio 2016

 
Stocco Le Pianure Pinot Grigio
 
 このワインは、トスカニーが商っているイタリア北東部のストッコというワイナリーのピノ・グリージョ。どうやらこれはセカンドワイン的なものらしい。
 
 で、見た目はピノ・グリージョ(ピノ・グリ)系にありそうな少し赤みがかった黄金色。香りは、少しオイリーさを伴ったすっごく爽やかな台所洗剤、昔の名前で言えばママレモンのような。人工的につくったライム、といいたくなる匂いもする。
 
 口に入れてみると、すっごく爽やかな飲み心地で、そこから口のなかに膨張感が伴っている。このワイン、イタリア産のわりに色も膨張感も、フランス産のピノ・グリっぽく感じるところがあるけれども、そこはそれ、人工ライムと言いたくなるようなグリーンな爽やかさが伴っていてイタリア産ですよーとアピールしている。ちょっとばかり酢酸っぽい風味があるのは褒められたことではないけれども、価格も価格、品種も品種なので、気にしないでゴクゴクっと飲むことにした。
 
 ※翌日は酢酸っぽさが強くなったような。ちょっときついかなー。初日のほうがバランスがとれていた。

【1706】Le Macciole Paleo Rosso 2012

 
パレオ ロッソ 2014
 ※リンク先はヴィンテージが異なります 
 
 このワインは、以前に当たりだったことのある、トスカーナ州でつくられているカベルネフラン100%のワイン。凄くフレンドリーな香りと味だったので、パーティー用に運び出してきた。
 
 まず見た目。普通の赤ワインという感じだけど、カベルネフランだけあってか、少しパープルな紫色っぽさがある。香りは……うーん、あまりしっかりしていないぞ、ちょっと森の下草系の匂いはするけれども、それ以上のものが来ない。
 
 口に含んでみると、どうもふくよかな雰囲気が無い。すごくオーガニックな雰囲気が漂っていて、ワインが年を取ったという感じすらある。パレオに期待したくなるおおらかさがこのボトルからは感じられない。一応、植物系のフレーバーはそれなりあるんだけど、それはお門違いというもの。二杯目以降、ちょっとフルーツ爆弾っぽさが増える瞬間はあったけれども、到底、以前のパレオの華やかさには及ばず、「しけた」展開。まことに残念です。
 

【1705】Golan Heights Winery "Yarden" Galilee-Galilaa Chardonnay 2015

 
ヤルデン シャルドネ [2016] ゴラン・ハイツ・ワイナリー
 ※リンク先は現行ヴィンテージです
 
 このワインは、いつもいつも飲んでいる、イスラエルはゴランハイツワイナリーのシャルドネ。我が家の「ちょっと良い標準白ワイン」枠として何度も何度もリピートしている。でも、ワインってボトルや体調によって印象が揺れるので、記録には書き続けていきます。
 
 まず見た目。やっぱり黄金色系のワインで立派なもの。そりゃあキスラーみたいな高級リッチ系白ワインほどではないけれども、十分に見栄えがする。香りは、初手からクッキーとフルーツ缶詰が大爆発。コッテコテの匂いなので、ブラインドテイスティングに出したら人を惑わしそうな。
 
 口をつけると、初手から果実味が大噴火。すごいフルーツ爆弾っぷりで、そこに蝋の香りやクッキーの香りがついてくる。このワインについてまわる、石灰岩っぽさを帯びた健全な酸味のおかげで、リッチな風味でもダレないところがある。超高級白ワインほど緻密ではないにせよ、石灰岩系のミネラルとしっかりした酸味のおかげで、重くてだるいワインや空白感のあるワインにはなっていない。いや、本当にいいワインだ、月に1本こいつを飲むだけで人生が1~2%ほどは幸福になるんじゃないかというような。毎度のことですが、このワインは褒めずにはいられません。
 
 ※翌日は、もう少し酸味が勝って爽やかな雰囲気になった。こっちのほうがバランスとしては良いかも。これもこれで良い。
 

【1704】Bellingham Homestead Shiraz 2016

 
ベリンガム ホームステッド シラーズ 750ml 赤ワイン
 ※リンク先は現行ヴィンテージです
 
 このワインは、南アフリカでつくられたシラー。なんとなくチープな雰囲気のボトルだけど、果たしてどんなものでしょうか。
 
 まず見た目。すっごく不透明で真っ黒なワインレッド。シラー(ズ)らしい感じがして、すごくベトベトと粘性度が高い。香りは、梅ジャムにチョコレートを混ぜたような香りに、檜風呂系の入浴剤のフレーバーを足したような。檜風呂系が強いんだけど、そこからもっとオーガニックで森林めいた匂いがわざとらしいほど込みあがってくる。凄い匂いだ。
 
 口に入れてみると、アタックは意外におだやか。柔和な果実味を分厚いコクがホールドしている感じ。すごくコクがあって、タンニンの分厚さ、シラーズ由来の果実味と酸味をグッと支えて分厚い飲み心地をつくりだしている。フランスのシラーと比較しても、肉厚、まるで食べ物のようなワインだ。なかなか美味いんだけど、これはゆっくり飲まないと参ってしまいそう。アルコール度数も堂々の14%、クラクラしそうなでかぶつワインだ。
 
 ※翌日。肉厚な感じが減って酸味が勝るようになってきた。昨日の状態が怪力的だったのに対して、こちらは割と普通のシラー。初日にみんなで飲むのが吉なのかもしれない。

【1703】Joseph Drouhin Bourgogne Aligote 2016

 
メゾン ジョセフ ドルーアン アリゴテ
 ※リンク先は現行ヴィンテージです
 
 今日のワインは、ブルゴーニュ大手、ジョセフ・ドルーアンが作っているアリゴテ。アリゴテは、ブルゴーニュ産のワインのなかでは脇役、絢爛さも複雑さもあまり感じられないけれども、普段飲みワインとしてはすこぶるバランスが良くてさっぱりしていたと思う。こいつもそうであって欲しいと思いながらコルクをぬいた。
 
 まず色合い。薄い白ワイン色なんだけど、見ようによってはテカりがある。で、粘性率も意外と高い。香りは、すごく爽やかでラムネ~炭酸っぽさを帯びた花の中心部のような匂いがする。自分がよく知っているワインのなかでは、イタリア南部のカンパーニャ州の白ワイン(グレコやフィアーノとかそういうの)の香りにむしろ近い。
 
 口に入れてみると、炭酸っぽさにふさわしい、スカッシュ!な感じの酸が来た。このあたりもカンパーニャ州の白ワインに似ている。ただ、このワインにはそれらと違ってコクや濃さがあまり無い。もっと軽いところに重心があって、爽やかさに徹しているところがある。それと、炭酸スカッシュな感じに「おしの強さ」が伴っていないためか、なおさらラムネっぽさがある。それと、どこかタマネギっぽい風味がついてまわっていて、これが、あちらと随分違っていて、今までに飲んだアリゴテを思い出すところでもある。