北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1557】Mondo del Vino "Pino Pino" Pinot Noir Vino Frizzante (N.V.)

今日の夕食はイシモチを使ったブイヤベースのような鍋を中心としたもの。これに、イタリアのお気楽微発泡ワイン「フリッツァンテ」をあててみることにした。こいつはなんと、ピノ・ノワールでつくられているというので、安物なりに、なめらかで飲みやすいと…

【1556】Domaine William Fevre Chablis 2015

シャブリ[2015]ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル 大変なワインをいろいろ飲んだ後のチョイスは難しいけれども、幸い、今回は赤ワインばかりだったので、白で一呼吸することにした。いつも大好きなウィリアム・フェーブルのドメーヌもの、初めての2015年産。…

【1555】Domaine Trapet Pere et Fils Chambertin 2007

ジャン・ルイ・トラペ シャンベルタン [2011] ※リンク先はヴィンテージが異なります 締めくくりは、ドメーヌ・トラぺのシャンベルタンの2007。 まず、見た目。隣に置いたデュジャックと比べると、なんとも明るくて綺麗な色合い。これは、2007年というヴィン…

【1554】Domaine Dujac Gevrey-Chambertin Premier Cru Aux Combottes 2005

デュジャック ジュヴレ・シャンベルタン 1er オー・コンボット 華々しい特級の後に出てきたのは、コート・ド・ニュイの名門・デュジャックが作った一級「オー・コンボット」の2005。ヴィンテージと作り手を考えると、これはまだまだ若いかもしれないと思いつ…

【1553】Domaine Maume Mazis-Chambertin 2007

モーム マジ・シャンベルタン ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて、2007年のモームの特級。昔、2002年産を飲んだら良かった記憶があるけれども、それから長い歳月が経ち、もうあんまり覚えていない。けれども、こんな場面で再開できるとは。 まず、…

【1552】Harmand-Geoffroy Mazis-Chambertin 2009

www.wine-searcher.com ここまで3本の村名格と1本の一級があって、今度は特級。だからというわけでもなかろうけど、色は一番暗くて濃く、同じピノ・ノワールとは思えないほど黒っぽい液体。それでも、光にかざすとルビー色の輝きキラキラとしていて美しい…

【1551】Domaine Jean-Michel Guillon et Fils La Petite Chapelle Gevery-Chambertin Premier Cru 2009

www.wine-searcher.com さて、次のワインは一級。「ぷちシャペル」の名前を持ったシャペルシャンベルタン近傍の畑で、これまたヴィンテージは2009。 ほかの村名格のワイン達と比較すると、色は最も暗くて濃い。それでも、ピノにあるべき輝きみたいなものはち…

【1550】Serafin Pere et Fils Gevrey-Chambertin Vieilles Vignes 2009

セラファン ジュヴレ・シャンベルタン 続いて村名格3番手。セラファンの2009年産。 まず、色はかなり暗くて「黒っぽい」と言って良いような。そして香りも、初手から桐箪笥系の、あのよくできたピノ・ノワールに期待したくなる風味が滾々とこみあげてくる。…

【1549】Domaine Hubert Lignier Gevrey-Chambertin 2012

ユベール・リニエ ジュヴレ・シャンベルタン 続いて、2012年の村名格。色は、こちらのほうが明るい色彩。前のドミニク・ローランと比べると、こちらは小豆かなにか、甘い豆を煮詰めて料理をつくった時に似たような香りが強いと感じられる。そのかわり、ジビ…

【1548】Dominique Laurent Gevrey-Chambertin Vieilles Vignes 1999

ドミニク・ローラン VV (※リンク先はヴィンテージが異なります) まず出てきたのは、ドミニク・ローランの村名格のジュヴレ・シャンベルタン。1999年なのでそこそこ熟成しているかと期待。 まず見た目。意外と暗くて、グラスの辺縁にはほんのりと茶色が入っ…

【1547】Bollinger Special Cuvee Brut (N.V.)

ボランジェ スペシャル キュヴェ 今日はフレンチな食事と一緒に「ジュヴレ・シャンベルタンをいろいろ飲んでみる会」なるものに参加させていただく機会があって、村名格~特級まで、飲み比べてみることになった。ただ、乾杯にはシャンパーニュが出てきたので…

【1546】Vigneti Zabu "Chiantari" Terre Siciliane Nero d'Avola 2015

キアンタリ・ネーロ・ダーヴォラ[2015] このワインは、アブルッツォ州で安くて手堅いワインをつくっているファルネーゼがプロデュースしているというシチリアのワイン。品種は土着品種ネロ・ダヴォラで、やけに立派なボトルに入っている。 グラスに注いでみ…

【1545】Prunotto Barbera d'Alba 2014

プルノット バルベーラ・ダルバ 見た目は、暗めのワインレッドながら、透明度と幾らかの明るさがある。有名品種でいえば「ピノ・ノワールの一番暗いぐらいの部類」にみえる。香りを確かめると、ちょっと酢酸を連想させる酸っぱい匂いを伴って、クリーミーな…

【1544】Benard delagrange Volnay Clos du Village 2008

ドメーヌ ベルナール ドラグランジュ ヴォルネ クロ・デュ・ヴィラージュ このワインは、定点観測エリア・ヴォルネ地域の、あまりみかけない一級畑「クロ・デュ・ヴィラージュ」のもの。この畑のワインはなかなか見かけなくて、今回が初見。メーカーは、お手…

【1543】Louis Jadot Saint-Amour 2014

サン・タムール セリエ・デ・クロ このワインは、クリュ・ボジョレーのひとつサンタムールの品。最近、このクリュ・ボジョレーはモルゴンという地域一本槍だったので、このサンタムールはすごく久しぶりの品。卸しているのは、ブルゴーニュ大手のルイ・ジャ…

【1542】Saint Cosme Little Basket Press Red (N.V.)

サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュ このワインは、おいしいジゴンダスをつくっているサン・コムの量販品なワイン。なんでもシェリーと同じような作り方だそうで、かえって興味がわいたので買ってきた。 まず、見た目。かなり濃…

【1541】Chateau Rieussec 2005 (ハーフボトル)

CH.リューセック2005 375ml このワインは、だいぶ前からセラーの底に眠っていて、出番が来たので抜栓した。長く寝かせるのもいいけど、こういうワインは、出番がある時に陽の目をみてもらうのが良いでしょう。 まず、見た目はオレンジ色の透明な液体。比喩で…

【1540】Cono Sur Sauvignon Blanc Especial Reserva 2015

コノ・スル エスペシアル リゼルヴァ コノ・スルのリゼルヴァ級は、ある時期からエスペシアルという表記が入って、そうなってから、この品種の品は試していなかったので久々に呑んでみることにした。 まず、色はかなり薄くて少し緑色がかっている。ソーヴィ…

【1539】Domaine Vincent et Denis Berthaut Fixin 2012

フィクサン (フィサン)/ドニ ベルトー このワインは、割とお買い得感のあるフィサンの作り手の村名フィサン。ただ、2009年産が駄目になっていたことが一度あって、今回は割り切って早飲みしてみることにした。ちなみに、前々回はおいしかった模様。 まず見…

【1538】Cavicchioli Lambrusco Grasparossa Amabile (N.V.)

カビッキオーリ ランブルスコ グラスパロッサ アマビーレ 暑い日の夕暮れにいただくランブルスコは格別、となると、おいしくてお手頃なカビッキオーリのこれしかないでしょう。 まず見た目。シュワシュワとピンク色のモコモコした泡をふきあげて、ランブルス…

【1537】Allegrini Valpolicella Superiore 2012

アッレグリーニ ヴァルポリチェッラ スペリオーレ 今日の夕食はサンドイッチ中心の軽いもの。これに合わせるのは、イタリア北東部・ヴェネト州の軽量級ワイン、ヴァルポリチェッラ。 まず見た目。ちょっとオレンジ色がかっていて、不透明、パッと見た感じだ…

【1536】Clos Monblanc Shirokuma Sparkling Cava Brut (N.V.)

シロクマ・ブリュット このワインは、定期的にいただいているシロクマのデザインのカヴァ。今回のボトルには「Sapporo Maruyama Zoo」という文字が書かれていて、これは今まで無かったものだと思う。なんにせよ、これは見た目とは裏腹に良いカヴァだったので…

【1535】Domaine Santa Duc Gigondas "Aux Lieux-Dits" 2011

ジゴンダス“オー・リューディー”ドメーヌ・サンタ・デュック 世の中には、呑むと元気になるワインと、元気がなくなるワインがあると思う。今日は是非とも元気が欲しくて、こいつを選んできた。いつも大好き、サンタ・デュックのジゴンダス。抜栓して3時間ほ…

【1534】Alpha Zeta Garganega Verona 2015

アルファゼータ ガルガネガ このワインは、以前にも飲んだことがあって、このときはソアーヴェ・クラシコの代替として十分すぎるほど頑張ってくれていたのでリピートしてみたもの。 まず見た目。薄い白ワイン色で、ソアーヴェ系の品種としておかしくない。香…

【1533】Jean-Marc Millot Grands Echezeaux 2001

ドメーヌ・ジャン・マルク・ミヨ・グラン・エシェゾー まず、見た目は薄い赤色、少しオレンジ色がかっていて、辺縁は薄い。香りは、桐のたんすとジビエが香り始めた。嫁さんに言わせれば、ツナや醤油もあるという。そうかもしれない。 口に含むと、かなり柔…

【1532】Grand Laurent Demi-Sec Rose (N.V.)

グラン・ローラン ドミ・セック ロゼ NV このワインは、とあるワインセットについてきたロゼスパークリングワイン。ボトルには「Vin Mousseux de Qualite」「Product of France」とだけ書いてあって、細かい産地はわからない。でもって、Demi-Secってことは…

【1531】Raco Cabernet Sauvignon 2016

ラコ カベルネ・ソーヴィニヨン [2016] まず見た目は、かなり黒っぽくて暗い色彩、若いワインだけあって、やや青紫色がかってもいる。香りは、フルーツ爆弾な香りとツンとした梅系の香りが混じっていて、そこにほのかに樽っぽい香りもよぎる。濃そう。 口を…

【1530】Pablo Claro Vino de la Tierra de Castilla 2014

パブロ・クラロ シャルドネ このワインはシャルドネでてきていると書いてあるけれど、見た目はすこぶる薄い白ワイン。香りは、水仙に通じるような爽やか系の花のフレーバーが漂い、後になってパイナップルっぽい香りが付け加わってくる。リンク先によれば、…

【1529】Ropiteau Bourgogne Passe-Tour-Grains 2013

ブルゴーニュ・パストゥグラン ※リンク先はヴィンテージが異なります 今日はとてもくたびれたので、あまり考えずにスッスッと飲めるようなものが欲しい、で、手持ちの在庫をみると安そうで酸っぱそうなものが出てきたので、これをあけることにした。 まず見…

【1528】Tollot-Beaut Savigny Champ Chevrey 1er Cru 2001

サヴィニー シャン シュヴレ 1級畑 モノ ポール ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて呑んだのは、トロ・ボーのサヴィニ・レ・ボーヌ一級。なんでも単独所有畑なんだとか。はてさて、どんなワインが出てくるか。 まず、見た目は普通のブルゴーニュ色…

【1527】Frederic Mabileau Chenin du Puy 2011

フレデリック マビロー ソーミュール シュナン デュ ピュイ 今日は割と疲れていたので、酸味の強そうなワインが欲しくなった。視界に入ったのは、本場ロワールでつくられたシュナン・ブラン。 まず見た目。結構きれいな、適度に黄色っぽい白ワイン色をしてい…

【1526】Casa Vinironia Appassimento Puglia Rosso 2015

アパッシメント カーサ・ヴィニロニア [2015] このワインは、南イタリアはプーリア州でつくられた「アパッシメント製法」の赤ワイン。アパッシメントっていうと、もっと北のほう、ヴェネト州の赤ワイン・アマローネの製法のはずなんだけど、プーリア州で同じ…

【1525】Pala Monica 2015

Pala Monica 2015 このワインは、以前に別メーカーで相当おいしかった土着品種・モニカの別メーカー品。こちらは1200円ほど安いので、品質はいくらか劣るかもしれない。でも、似たような路線なら十分にお買い得かもしれないので試してみた。 まず香り。初手…

【1524】Chateau de Meursault Meursault 1er Cru 2007

Chateau de Meursault Meursault 1er Cru 2007 このワインは、以前に何度か呑んだ(一回目、二回目、三回目)、コストパフォーマンスに優れたムルソー一級。「飛び抜けて優れたムルソー」ではないけれども、ムルソーっぽさを楽しませてくれるこのワインが、…

【1523】Vinovalie Demon Noir Malbec 2015

ヴィノヴァリー デーモン・ノワール ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは、濃い系品種・マルベックでつくられたワイン。慌てずゆっくり呑んでいきましょう。 まず見た目。黒ずんで不透明な液体、とても濃い。「青紫」とまではいかないけれども「赤…

【1522】Medici Ermete Querciole Lambrusco Dolce (N.V.)

メディチ・エルメーテ ランブルスコ ドルチェ このランブルスコは、メディチ・エルメーテがつくっている基礎的なランブルスコのドルチェ(甘口)。以前にも飲んだことがある。前はおいしかったと思うけれども、これはどうでしょうか。 まず見た目。ランブル…

【1521】Pala Sardigna Nuragus di Cagliari "I Fioli" 2015

ヌラグス ディ カリアリ イ フィオーリ パーラ サルディニアは価格の割に良いワインが多いような気がして、ちょっと調べたくなっているところ。このパーラは、そのなかでも価格のあまり高くないワインが中心で、今回は見たことのない品種「ヌラグス」でつく…

【1520】Georges Lignier et fils Morey-Saint-Denis Premier Cru Clos des Ormes 2012

ジョルジュ・リニエ モレ・サン・ドニ 一級 クロ・デ・ゾルム ※ヴィンテージにご注意ください このワインは、高騰いちじるしいコート・ド・ニュイの一級としてはえらく安い価格(購入時4600円!)だったもの。ヴィンテージは2012年なので、あんまりよくないよ…

【1519】Alba Bella Falanghina Brut (N.V.)

アルバ ベッラ ブリュット ファランギーナ 今日の夕食は、魚と蟹をメインにしたパスタ、チーズそのほかの前菜がいろいろ。こういう料理には、南イタリア産のワインがよく合うと思い、ちょっと変わったスパークリングワインを。これは南イタリア土着品種、フ…

【1518】E.Guigal Gigondas 2010 (ハーフボトル)

ギガル ジゴンダス ハーフ まず見た目。結構黒々とした、真っ黒で真っ赤なワインレッド。それでいて一応の透明度は保たれている。香りは、初手ではおはぎのような甘くて意外と和風な香りが。育ちの良いカベルネフラン?のような香りが少しする程度(注:もち…

【1517】Poilvert -Jacques Champagne Brut (N.V.)

ポワルヴェール ジャック シャンパーニュ ブリュット まず見た目。可もなく不可もない、ほんのり黄金色っぽいシャンパーニュ。で、細かな泡がゆっくりと液面に立ち上っている。香りは、初手ではカヴァを連想させるキーンとしたやつが来て、そこからは匂わな…

【1516】Cono Sur "Bicicleta" Cabernet Sauvignon 2015

コノスル ビジクレタ カベルネソーヴィニオン なんとなくワインを呑みたい、けれども難しいやつは避けたいって気分。なので、安くて安定なコノ・スルのベーシック品をあけてみた。カベルネ・ソーヴィニオンなら日持ちもいいでしょう。 まず見た目。かなり濃…

【1515】Vina Belje Grasevina 2015

vinica.me このワインは、4か月前に呑んでみて結構おいしかったクロアチア産の白ワイン。ソーヴィニオンブランのキツいところを取り払ったようなワインだったと記憶している。なので、もう一本買ってみた。 まず見た目、やはり薄い色調で少し緑色がかってい…

【1514】Asuda Extra-Special Barbera d'Asti 2013

Extra Special Barbera 2013 | Extra Special | George at ASDA www.the-seiyu.com このワインは、日本では西友系列が仕入れているお買い得系ワイン、アズダシリーズのひとつ。800円ちょっとの価格ながら、ちゃんとDOCGのリボンがついている。果たして、おい…

【1513】Argiolas Perdera Monica di Sardegna 2014

ペルデーラ 2013 アルジオラス 750ml 今日は肉料理メインなので、肉に合いそうなワインを物色したらこいつが出てきた。サルディニア産のワインで、土着品種モニカ(こんなの聞いたことない)でつくられた品。果たして、どんなものでしょうか。 まず見た目。…

【1512】Domaine Bruno Clair Bourgogne Aligote 2011

ブリュノ・クレール ブルゴーニュ アリゴテ ※リンク先はヴィンテージが異なります このワイン、ブルゴーニュのそこそこ有名ドメーヌ、ブリュノ・クレールによるアリゴテ。アリゴテとはいえ、やけに安い値段で売られていたので買ってみたもの。 グラスに注ぐ…

【1511】Farnese Montepulciano d'Abruzzo "Casale Vecchio" 2015

「カサーレ・ヴェッキオ」 このワインは、イタリアのアブルッツォ州ではメジャーなメーカーの、割と有名な品。3年前にも飲んだことがある。どんな品だったでしょうか。 まず見た目。すっごく暗くて不透明な、やや青紫色がかったタイプ。この、青紫色っての…

【1510】Tenuta di Trinoro "Le Cupole Trinoro" Rosso Toscana 2013

レ クーポレ ディ トリノーロ トスカーナ地方の国際品種系ワイン(スーパータスカン)はお金がかかるし、イタリアワインとフランスワインのキメラみたいだしでご無沙汰だったけれども、ちょっとおすすめな情報を耳にしたので久しぶりに買ってみることにした…

【1509】Rosier Crémant de Limoux Chateau de Villelongue (N.V.)

クレマン ド リムー シャトー ド ヴィルロング 今日の夕食は、イタリアっぽい前菜、鰤のカルパッチョ、スズキのポワレ、鴨の焼肉、蟹パスタという内容。これに合わせるのは、南仏の泡ワイン、製法はシャンパーニュと同じってやつ。 まず見た目。びっくりする…

【1508】Masciarelli Montepulciano d'Abruzzo 2013

モンテプルチアーノ ダブルッツォ マシャレッリ まず、見た目。色は不透明で暗いワインレッド、液面がトロトロしていてなんだか濃そう。グラスに注いですぐの香りは、木の樽のような、あまり良く無さそうなものだったけれど、ちょっと待つと、深い葡萄系の香…