北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1478】Domaine Yvon Clerget Volnay-Santenots 2009

イヴォン・クレルジェ ヴォルネ サントノ 2009 久しぶりのヴォルネ。まず見た目。薄い!濃厚なロゼと言ったら騙されるような朱色の液体で、ピノ・ノワールとしても出色の薄さ。ただ、色あいからは年を取っている感じは受けない。つまりオレンジ色っぽさはみ…

【1476】Altair Sideral 2010

www.allaboutwine.co.uk まず見た目。濃くて黒っぽいのは予想通り。ただ、意外だったのはかなり茶色がかっているところ。年を取った赤ワインにみえる。 香りは、初手ではあまりはっきりしない。少しこもったような果実の香り、お線香、墨汁。ただ、期待した…

【1474】Dealurile Munteniei Clos Buzao Pinot Noir Reserve 2014

クロ・ビュザオ・ピノ・ノワール・リザーヴ[2014]年 まず見た目は、ピノ・ノワールにしてはやけに黒っぽい感じ。コート・ド・ニュイのワインでもここまで黒っぽいものはあまりなさそうなぐらい黒い。香りは、ややミルキーな雰囲気があるけれども、第一に感じ…

【1473】Chevalier de Caylus Pinot Noir 2014

シュヴァリエ・ド・カイユス ピノ・ノワール このワインは南フランス産の Pays d'Oc 規格らしく、だから自由につくられているとおぼしきワイン。おおらかで果実味豊かな方面だとありがたいと期待しつつ抜栓。 まずグラスに注いでみると、おいおい、ボジョレ…

【1471】Cantine di Ora Lambrusco dell Emilia Rosso Amabile (N.V.)

www.vivino.com 見た目は、赤ワインとしては非常に薄く、光の透過性がかなり高い。ただ、ブルゴーニュのガーネット色っぽい感じではなく、もっと紫色に寄った、青色っぽいスペクトルが混じってみえる。香りはほとんどわからず、微発泡。 口に含むと、甘酸っ…

【1470】Domaine Rochette Morgon Cote du Py 2013

Rochette Morgon Cote du Py このワインはクリュ・ボジョレーのモルゴンだけど、2013年産というバッドヴィンテージなので、まだ若くても案外すぐ飲めるんじゃないかと思って購入したもの。あまり凄く無くていいので、心のなごむような品だといいなぁ。 まず…

【1468】Apollonio Salice Salentino 2012

アッポローニオ・サリーチェ・サレンティーノ・ロッソ 2012 今日の夕食は味噌風味で豚肉を焼いたもの、豚肉でホウレンソウを巻いて焼いたもの中心。これに合わせるのは、イタリアのかかと、レッチェ近郊のメーカーがつくっている濃厚赤ワイン。 まず見た目。…

【1466】Chateau Palmer 1990

シャトー パルメ 1990 さて、ローヌも飲み終わらないうちに次のワインが来てしまった。ボルドー3級のお化けワイン、シャトーパルメ。 まず見た目。ローヌよりも濃く、不透明で暗い色をしている。香りを確かめると、少し酸味を予感させる香りがしたけれども…

【1465】Paul Jaboulet Crozes Hermitage Thalabert 1998

ポール ジャヴレ クローズエルミタージュ タラベール ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて出てきた、ローヌのワイン。黒っぽくて不透明な、いかにもローヌっぽいワインだ。香りは、ジャムを煮詰めたような甘い匂いよりも獣というか、動物系の香りが…

【1464】Jean Grivgt Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaumes 1997

ジャン・グリヴォー ヴォーヌ・ロマネ 1er レ・ショーム ※リンク先はヴィンテージが異なります まず、見た目は普通のブルゴーニュ。コート・ド・ニュイの赤ワインにしては色が薄いと感じる。もう20年近く経っているからしようがないのかもだけど。香りのほう…

【1461】Philippe Colin Chassagne-Montrachet Les Chenes 2013

フィリップ・コラン シャサーニュ モンラッシェ レ シェーヌ ルージュ[2013] このワインは、値段の割にはおいしいと思ってありがたがっているフィリップ・コランさんところのシャサーニュ・モンラッシェの赤(一級ではなく村名格)。値段が安いながらも一応…

【1459】Tasari Nero d'Avola Merlot 2014

タサーリ ネロ・ダヴォラ メルロー ※リンク先はヴィンテージが異なるかもしれません。 ちょっと風邪をひいていてアルコールから遠ざかっていました。久しぶりに飲むからには気安いものが良かろうと思って、シチリア産の赤ワインを選択。 見た目は、やや青紫…

【1458】Grandes Bodegas Jurgo 1998

フルゴ 1998 まず見た目。さすがに赤茶色になっていていかにも歳月を経たワインという感じ。香りは、漆喰のような香りとジャムを煮詰めたような香りが溶け合って迫ってくる。なかなかいい香りだ。 口をつけると、滑らかな口当たり……だったけれども、醤油を焦…

【1457】Robert Ampeau Savigny-lès-Beaune 1er Cru Les Lavières 1995

※リンクはオークセイ・デュレスのものです。また、ヴィンテージも異なります。同ヴィンテージのワインについては以下を。 Loading site please wait... まず見た目は、わりと普通のブルゴーニュ赤という感じ。さすがに年を取っているせいか、グラスの辺縁は…

【1454】Domaine Chevalier Ladoix 2014

ドメーヌ・シュヴァリエ ラドワ 2014 忙しくてまともにワインと向き合えなかったけれども、やっと一休みできたのでこれを。2014年産なので、ものすごく若い、本当は寝かせたほうが良さそうだけど、このクラスのワインを寝かせる場所はうちには無いので抜栓。…

【1452】Chateau Subilaux Bordeaux 2014

シャトー・スビロー 2014 今日の夕食はロールキャベツとコロッケをメインにしたもの。軽い赤ワインが飲みたいけれども、手許にある赤ワインで一番軽そうなのがこいつなので選んだ。ボルドー産の高級ワインはともかく、安ワインなら、こういう食事にあわせて…

【1450】Leflaive et Associes Monthelie 1er Cru Sur la Velle 2011

ルフレーヴ・アソシエ モンテリ一級 シュル ラ ヴェル ルージュ 2011 最近、ポケモンGOのやり過ぎで根性の入ったワインを飲む気力が残っていない。つい、飲みやすいワインや安ワインに手が伸びてしまう。 今回は、ちょっと格上でリハビリを。ただし「ドメー…

【1448】Joseph Drouhin Bourgogne Pinot Noir 2014

Joseph Drouhin Bourgogne Pinot Noir 2014 疲れた日だけど赤ワインが飲みたかったので、気楽そうなブルゴーニュ平格を選んでみることにした。 まず見た目。かなり明るいガーネット色で、グラスのへりになると淡い色調になっている。まあ、綺麗な色なんだけ…

【1446】Chateau Avalon Corbieres 2014

京橋ワイン厳選!これぞ極旨赤ワイン6本セット ※リンク先のセットにこのワインは含まれていました。 単体のリンク先は→www.wine-searcher.com 今日の夕食は、カツサンド、ホウレンソウのソテー、牛肉を使った野菜炒めというもの。こういう食事にぶつけるのは…

【1444】Les Amoureuses Coteaux de l'ardeche Syrah 2012

シャトー・レ・ザムルーズ・コトー・ド・ラルディッシュ・シラー 2012 今日の夕食は豚肉とマッシュルームのバター炒めをメインにしたもの。これに合わせるのは、安ワイン道場さんで9月に出てきた「レ・ザムルーズ」というワインと同じもの。……と思ったら、…

【1443】Meo Camuzet Bourgogne 2011

Meo Camuzet Bourgogne 2011 今日のワインは、ブルゴーニュのなかでもバニラの香りが豊かな方面のワインをつくっているっぽいメオ・カミュゼの平格ブルゴーニュ。2011というヴィンテージはそれほど嫌いじゃないので期待しながらの抜栓。 まず見た目。「暗い…

【1441】RESSo Garnacha Tempranillo Catalunya 2015

レッソ・ネグレ 2014 今日のワインはスペイン産の安そうなワイン。でも、テンプラリージョとガルナッチャには割と良い印象を持っているので、スペインっぽいワインならいいなーと思いながら抜栓。2015年産という、めちゃくちゃ若いワインなので渋みたっぷり…

【1439】Conti Zecca "Cantalupi" Salice Salentino Riserva 2011

Conti Zecca "Cantalupi" Salice Salentino Riserva 今日の夕食はローマ風ピザをメインにした南欧風料理。だったらということで、南イタリアの安くて濃くておいしいワイン、サリチェ・サレンティーノを選んでみた。こいつは同種のなかでは少しお高い2000円以…

【1437】Allegurini Valpolicella Ripasso "Corte Giara" 2013

Corte Giara Ripasso Valpolicella Allegrini 今日のワインは、イタリア北東部ヴェネト州でアマローネをつくっているところの、リパッソ。リパッソはアマローネの「出涸らしでつくったワイン」、二番煎じみたいなものだと思っているけれども、二番煎じで良い…

【1436】Joseph Drouhin Moulin-A-Vent 2013

Joseph Drouhin Moulin-A-Vent 今日の夕食はトンカツと焼き鳥を中心とした和食。こういう食事に合わせる赤ワインは相応に軽めが良いんじゃないかと思ってボジョレーを選んだ。モノはジョセフ・ドルーアンのクリュ・ボジョレー、呑みやすい&食べやすいことを…

【1434】Logan Weemala Merlot 2013

Logan Weemala Merlot 「ワインをジャケ買い」って大変愚かなことのような気がするけれども、「厳粛な雰囲気のブルゴーニュ」と「鳥のマークのワイン」には割と甘くて、今回、鳥のマークのオーストラリアワインを開けることになった。 まずジャケットを。う…

【1431】Meson Nicolas Potel Bourgogne Pinot Noir 2009

Nicolas Potel Bourgogne Pinot Noir ※リンク先はヴィンテージが異なります 今日の夕食は赤魚を焼いたものが中心の和食メニュー。でも赤ワインがどうしても飲みたくて、軽そうなピノ・ノワールを選んでみることにした。平格ブルゴーニュで2009年産、しかもか…

【1429】William fevre Chile Espino Pinot Noir 2014

エスピノ・ピノノワール[2014]年・ウイリアム・フェーヴル 今日は嫁さんの協力のもと、久しぶりにワインのブラインドテストをやってみることにした。サイコロを振ってもらい、 12エスピノ2014(新世界、チリのピノ。この品) 34メオカミュゼ ブルゴーニュ…

【1428】Santa Duc Les Plans Vin de Pays de Vaucluse 2011

ヴァン・ド・ペイ・ド・ヴォークリューズ レ・プラン このワインは今年の6月に間違って2本買ってしまったもの。前回は二日目のほうが落ち着いておいしかったそうなので、今回も二日にわけて飲んでみましょう。 まず香りをチェック。ちょっと湿った杉の木材…

【1427】Concha Y Toro Casillero del Diablo Pinot Noir 2014

カッシェロ・デル・ディアブロ・ピノ・ノワール ※リンク先はヴィンテージが現行品と思われます。 今日は出先で簡単なイタリアンを囲む機会があって、これのお供としてグラスワインに出てきたのがコンチャイトロのピノ・ノワール。実物は初めて見た。 まず見…

【1425】Cono Sur Organic Cabernet Sauvignon Carmenere Syrah 2014

コノスル カベルネ カルメネール シラー ※リンク先は現行ヴィンテージです チリの定番安ワインメーカー、コノスルのワインは何度も何度も飲んでいて、もう飲まなくてもいいやと思ったりもするけれども、よく調べると飲んだことのない品もあって、そういうワ…

【1422】Cavicchioli Lambrusco di Sorbara (N.V.)

カビッキオーリ ランブルスコ ディ ソルバーラ 先日もランブルスコを呑んだけれども、残暑が厳しいので今日もランブルスコ。今回はカビッキオーリの品でもDOC指定を受けている「ソルバーラ」。ソルバーラはランブルスコの品種の名前でもあり、書籍によっては…

【1421】Cavicchioli Lambrusco Rosso Dolce (N.V.)

カビッキオーリ ランブルスコ ロッソ ドルチェ まだまだ暑さが残る今日この頃、こういう時期のうちにランブルスコの在庫は飲んでしまったほうが幸せかなと思い、嫁さんと甘口ランブルスコをいただくことにした。メーカーは、安くておいしいカビッキオーリの…

【1419】Domaine Michel Lafarge Volnay 1er Cru 2009

ヴォルネイ プルミエ クリュ 2009 ミシェル ラファルジュ 夏の間は上位クラスのワインを開ける気がなかなか起こらなかったけれども、夕方が冷え込んできたせいか、久しぶりに良さげな品を選びたくなったので、お気に入りエリア・ヴォルネの一級畑モノを選ん…

【1416】Farnese Rossoreale 2013

ロッソレアーレ[2013]年 今日の夕食は揚げ物中心のもの。これにワインを合わせるとか考えたくもなかったので、とりあえずでキアンティ系品種、サンジョベーゼでつくられた安ワインを選んでみた。メーカーは、モンテプルチャーノ・ダブルッツォで名高い、アブ…

【1413】Chateau des Jacques Morgon 2012

ルイ・ジャドモルゴン シャトー・デ・ジャック [2012] 今日の夕食はアジの刺身そのほか。でも赤ワインがどうしても飲みたかったので、比較的社交的で日本食についていけそうなものを、後半からおつまみに替えてやってみることにした。選んだのはクリュ・ボジ…

【1410】Chateau Mayne David Cubee Tradition 2009

シャトー メイヌ ダヴィット[2009] このワインは「AOC カステリヨン コート・ド・ボルドー」とカテゴライズされている安価なボルドーワイン。安いボルドーワインには独特な特徴があって、それが嬉しくもあり悲しくもあるんだけど、こいつの好材料は、2009年…

【1407】Domaine Michiel Caillot Monthelie 2009

ミシェル・カイヨ モンテリ ※リンク先はヴィンテージが異なります。 自分はブルゴーニュ地方中枢部南側(コート・ド・ボーヌ)のワインが好きだけど、このモンテリという村の赤ワインにはあんまり印象がない。ペルナンヴェルジュレスには親しみが、サヴィニ…

【1406】Cavicchiolo Lambrusco Grasparossa Amabile (N.V.)

カビッキオーリ ランブルスコ グラスパロッサ アマビーレ 暑くなってくると、ガブッと飲める爽快系ワインが欲しくなって、白羽の矢が立ったのはランブルスコ。このメーカー、いつの間にか巨大化したらしくレパートリーが増えていたけれども、今回選んだのは…

【1405】Umani Ronchi "Podere" Montepulciano d'Abruzzo 2013

ポデーレ”モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 我が家で「原点のワイン」というと、ボルドーやブルゴーニュよりもイタリアの安い赤白ワインのほうが馴染み深い気がする。モンテプルチャーノ・ダブルッツォはその最たるもので、鶏飯、ハムチーズフライ、蜆汁、…

【1403】Luigi Righetti Capitel de Roari Amarone 2012

ルイジ・リゲッティ アマローネ デッラ・ヴァルポリチェッラ クラシコ カピテル・デ・ロアリ なんか色々と立て込んでいてしんどい今日この頃、「既知のそこそこ良いワイン」が飲みたくなって白羽の矢が立ったのは、いつもニコニコ格安価格アマローネのルイジ…

【1401】Calatayud Bodegas San Alejandro Evodia 2014

エヴォディア このワインは、ラベルに「エヴォディア」としか書かれていないスペイン産のワインながら、ネットで情報を集めるとタイトルのような情報があったのでタイトルのように表記した。ガルナッチャ(グルナッシュ)90%シラー10%でパーカーポイントが高か…

【1399】Medici Ermete Querciole Lambrusco Dolce (N.V.)

ランブルスコ レッジャーノ・ドルチェNV メディチ・エルメーテ 暑くなってくるとランブルスコが恋しくなるので、定番メディチ・エルメーテのランブルスコ甘口を久しぶりにあけることにした。 まず見た目。赤ワインというより、カシスリキュールを使ったキー…

【1396】Mileştii Mici Negru de Purcari 1996

wine.md まだまだ珍品ワインが続きます。続いて出てきたのはモルドバワイン。こいつの見た目は濃くてやや不透明、かなり古いものだと聞いてはいるけれども、見た目は普通の赤ワイン。香りにピーマンのようなものが伴っているけれども、年齢を感じさせない溌…

【1395】R. Lopez de Heredia Vina Tondonia Gran Reserva 1970

www.wine-searcher.com 続いて出てきたのは、スペイン産のおそろしく古いワイン。リオハでつくられたテンプラリージョ主体のものだそうで、なんとご年齢は46歳。 見た目はものすごく濃くて不透明、濁り酒な感じ。古くなって「年をとりすぎた」ワインのうす…

【1394】Sirromet 'Saint Jude's Road Vineyard' Grand Reserve Monopole Cabernet Sauvignon 2007

www.wine-searcher.com 今回もまたワインの外稽古。ちょっと変わったワインが次々に出てくるとのことで、楽しみな一日。最初の品は、オーストラリアの有名どころの、2007年限りの単一畑のカベルネだとのこと。このあたり、よくわからないけれどもネット…

【1392】Grati Chianti Villa di Monte 2013

Grati Chianti Villa di Monte 2013 今日の夕食は焼肉定食なもの。これに付き合わせるワインとして、キアンティ系の安物を選んでみた。ヴィッラ・ディ・モンテはキアンティ系の地名なんだろうけど、マイナーだし、たいした品ではないでしょう。 まず見た目は…

【1390】Chateau Cheval Blanc Saint-Emilion 1er Grand Cru Classe 1994

シャトー シュヴァアル・ブラン ※リンク先はヴィンテージが異なります 最後にお出ましになったのは、サンテミリオン特別級、それも「第一特別級」の品。後で聞いたところではメルローとカベルネフランでつくられた品らしく、はてさて、どんな品やら。 まず見…

【1389】Calera Jensen 2011

カレラ ジェンセン 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります さて、続いてはこれまたカリフォルニアの有名メーカー・カレラの最上級クラスなピノ・ノワール。ちょうど最近、同社のミルズを頂いて素晴らしいと感じたばかりだけに、比較が楽しみ。 まず見た…

【1387】Cycles Gladiator Cabernet Sauvignon 2013

カベルネソーヴィニヨン ロダイ [2013] 今日のワインは、カリフォルニアのメーカーで、私の好みではない白ワインに当たってばかりの「サイクルズグラディエイター」の赤ワイン。このメーカーのワイン、好きな人には好きなものらしいので、よほど私の嗜好に合…