読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0013】シャトーマルス カベルネ・ベリーA 穂坂収穫 [2004]

日本

 
シャトーマルス カベルネ・ベリーA 穂坂収穫 2007

 
 本日二品目のワインは、ホスト提供の日本産ワイン。まさか、[日本]タグをこんなに早く使うとは思っていなかった。正直に言うと、日本産ワインなんて赤玉ワインのようなテイストか、葡萄ジュースにアルコールを足して適当に体裁を整えたような風味の、軟弱モノばかり、と思っていたので、こいつにはかなり驚かされた。
 
 宴席なので、ただのコップに注いでいるにもかかわらず、ワインの香りがする。それも、甘ったるいようなブドウジュースの香りではなく、れっきとした葡萄酒らしい香りだ。口に入れても、あまり重くは無いけれどもそれなりに後を引き、チャラチャラした甘さで誤魔化すそぶりが全く無い。宴席ということもあって、ゆっくりと時間を置いて経時的変化を楽しむ余裕は無かったにせよ、「おおっ!これは赤ワインだ!」という印象をもって楽しむことが出来たとは思う。ありがちなカス日本ワインとはえらい違いだ。
 
 ただ、ネットで調べると、このワインは1500円ほどするのだという。1500円あるなら、自分なら、赤のコノスル一本と、フロンテラの白一本を買うような気がする。あるいは、Astiのちょっと高めのやつ選んで、デザート用ワインとして嫁さんと分けるか。あるいは奮発して、2000円〜3000円のイタリアワインに行くかもしれない。日本産で、宴席で登場したワインとしては興味をそそったけど、これを自分で買うかと言われると、今はまだ買う勇気が湧かない。もっと海外のワインと対戦してからリトライしたいと思う。