読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0097】Cusumano Nero D'avola 2007

クズマーノ ネロ・ダーヴォラ(ヴィンテージ注意)
 
 せっかくの休日、何を呑もうか右往左往しているうちに時間が結構経ってしまい、じゃあ軽そうな赤を…と、消去法に近い形で選んだボトル。モノはネロダヴォラ100%のシチリアワインで、2007年の品をインターネット上で1100円ほどで購入*1したと記憶している。
 
 少し青紫がかったほんのり透明感のある紫色のワイン。ザラメ砂糖とチェリーを混ぜて、その横にチョコレートを置けばこんな香りになるような気がする。味は、口に入れた瞬間は上手く表現できないけれども、満足な味と香りだった。割と澄んだブラックチェリーの感覚と苦みに、スーッとする感覚を伴ったさっぱり系の匂いが混じり込んで来る。全体として、ジャムほどくどくないサクランボ感のせいか、気持ちよく呑みやすい。
 
 呑み始めの時点では殆どタンニンを感じなかったけど、暫くするとタンニンが軽く歯のまわりにくっつくような感じになってきた。これも鬱陶しくまとわりついてくるほどでもなく、フルーツっぽさがイニシアチブをとったままの状態がいつまでも続いた。温くなりすぎるよりも僅かに冷えているほうが美味いと判断し、少し冷やし加減で楽しんだ。偉そうなところの全く無いワインだったけれども、それはそれとして爽やかに楽しめたと思う。どうやら、今日はこういうのが呑みたかったらしい。

*1:確か、http://www.rakuten.co.jp/kobusiya/で購入したような