読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0216】Castellani Carraia Aglianico 2007

 
 カッライア アリアニコ[2007]/カステッラーニ
 
 開栓すると、色は普通の不透明なワインレッド。かなり普通に見える。匂いもこれまた普通のブドウ臭。アリアニコだからどうこう、という雰囲気はあんまりよくわかんない。すごく普通。アリアニコはアリアニコでも、シチリア産だからなんだろうか?
 
 呑んでみると、バター飴のような感じが口の中にまず広がり、軽いコクがあるという印象、そんなにフルーティーというほどでもなければ、タンニンが五月蠅いというわけでもなく。キャンティに似たクリーミーさを伴っているところがあってバター飴のような雰囲気とも相まってのったりとした印象を受ける。このワインは二日間に分けて呑んだけれども、二日目も殆ど印象は変わらず。あまり印象には残らなかったけど、値段相応には楽しめていたような気がする。