読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0328】Manns Wines 龍眼 龍眼スパークリングワイン

日本

 
 http://mannswine-shop.com/SHOP/M00671.html
 http://www.mannswine-shop.com/recommend/090801.htm
   
 大晦日のワインはスパークリング。今回はなんと日本産のスパークリングワイン。龍眼というのは、どうやら長野県の独自品種?らしい。*1
 
 匂いはマスカットのような香りが軽くする。これだけだとモスカートダスティか、アスティスプマンテを連想する。色もアスティスプマンテみたいだ。ただし、多くのスパークリングワインと異なる点がある:泡のつきかた・のぼりかたが、まるで三ツ矢サイダーみたいであるという点。グラスの表面に大きな泡がついて、グラスの中央付近は小さめの泡が上るというパターン。
 
 口に入れると、思ったよりも辛口!苦味のある夏みかんのような、味と酸味。後味は爽やかで切れが良い。自分の知っているワインのなかでは、プロセッコに近い。泡がいい加減なところも、よく似ている。しばらくすると、水仙や石鹸のような匂いも混じってきて、よくできたプロセッコのような雰囲気がますます強まった。なんだ意外と旨いじゃないか!これで1100円の日本製のワイン!最後まで満足して飲めたと思う。
 

*1:後で調べたら中国から持ち込まれた品種っぽい