読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0385】Le Haut Medoc de Giscours 2003 (ハーフボトル)

 
ル・オーメドック・ジスクール
 
 最近、イタリアとブルゴーニュを重視する関係でボルドーを飲んでいなかったけど、良いボルドーのワインをいただく機会が近づいてきたので、予習も兼ね、これを開けてみることにした。モノは、メドック格付け第三級・ジスクールが造っている量販品(?)ワイン、それもハーフ。
 
 コルクを抜くと、ブワーッと甘くてなんとも言えない匂いが広がり、コルクのウラの美しいカシス色*1を見るにつけても期待が広がる。色は、久しくボルドーを飲んでなかったためか、非常に濃い黒っぽいワインレッドに見える。青色っぽさは殆ど無く、茶色っぽさを帯びた透明度の低い感じ。匂いをかぐと…なんだか幸せな匂いがしてくる!葡萄と苺チョコレートをぶちまけて、シナモンをひとつまみ加えたような、お菓子のような匂いがプンプンした。ただしそれだけでもなく、ローソクのような匂いに移り変わってくるような。
 
 口に運ぶと、苦みや渋みはあまり感じられず、最初にまず「埃っぽい感覚」が来た。匂いに似合わない味だなと思った矢先、苺大福のなかの苺のような甘みと酸味が上顎側にぴったり張り付き、呑み込む際にはミルキーな(というよりヨーグルト系飲料のように酸味を伴ったミルキーさ)感覚が降りていった。これもあってか、後味はとても円やか。
 
 慣れてくると、胡椒をかけてよく焼いたピーマンのような匂いが漂ってきた。とても気持ちよく飲めて、ちょうど良い濃さで、値段を考えればややこしい。あれこれ思案しながら飲んでいるうちにハーフボトルが空になってしまった。今度は一本丸ごと買ってきて、二日三日かけて飲んでみよう。
 

*1:しかも、2003という表記が透かし彫りみたいに浮き出ている!