読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0386】Feudi di San Gregorio Falanghina 2009

イタリア南部

 
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ ファランギーナ 2009
 
 このワインについては、呑んでから時間が経ってからlogを書いているので、ややあやふや。品物は、以前にも呑んだことのある、カンパーニャ州の定番メーカーの土着白ワイン。
 
 グラスに注ぐと、やや緑色がかった黄色がかったワイン。匂いはあまり強くなく、僅かに花畑っぽい匂いがする程度。前回に呑んだ時に比べると、赤みを帯びていない点が変わっている。
 
 口に運ぶと、いきなり酸味がゴゴゴとやってくる。青リンゴを思わせるような酸味と甘みが非常に強い。そこに、僅かにハッカのような風味が混じっているように感じられ、スースーする。強い酸味の恩恵なのか、飲み応えがしっかりしている一方で潤いがしっかりあって、自然とグラスが進んだ。今夜のおつまみはコロッケだったけれど、意外と良い感じだった。前回気になった鉄っぽさは殆ど気にならず。カンパーニャ州の土着白ワインらしいおいしさを満喫できたと思う。