読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0489】Hugel Gewurztraminer 2009 (ハーフボトル)

 
ヒューゲル・エ・フィス・ゲヴュルツトラミネル[2009]
 
 色は、少し緑色がかった白ワイン色。それほど濃くはないけど、フレッシュそうな印象を受ける。匂いをかいでみると、まずライチ!とにかくライチ!他の匂いがあまり連想されないほどのライチっぷりにややびびる。
 
 口をつけてみると、やたらとアルコールっぽい、ウォッカを水で薄めたかのような、いただけない風味が口のなかに広がった。第一印象はともかくとして、よく味わってみればプリンスメロンの皮付近のような苦みを伴った瓜系の甘みがあり、酸味はあまり感じられず、ちょっとダブダブしている味わい。幸い、鉱質風味が豊かなお陰か、なんとか口のなかに引っかかってくれて、それなりに潤いがあるようには感じられる。
 
 呑み進めるうちに、ヒヤシンスか何かのような、球根系植物を思わせるトーンの高い匂いが迫ってくるようになって、良い感じになってきた。改めてグラスを眺め直してみれば、思ったよりも粘性度が高いようにも見える。酔いが回ってきたせいか、酸味の不足感も無くなって来た。最初はライチ風味ばかり目立ったけれども、次第にピントが合ってきたのか、飲み終わる頃には「ハーフといわずに全部飲みたかったなぁ」と思ってしまった。