読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0515】Cono Sur Reserva Chardonnay 2010

 
コノスル シャルドネ レゼルバ [2010]
 
 コノスルの白ワインといえば、値段の割に幸せなことの多い有り難いワイン。ただ、コノスルのシャルドネにはあまり良い印象が無かったので、久しく飲んでなかった。
 
 色は、ちょっと緑色がかったところのある白ワイン色で、わりと普通。匂いも予想通りというか、ほのかにメロンっぽさを伴った蜜っぽい匂いがふんわりとやってくる。「新世界のシャルドネ」というイメージぴったり。
 
 口に入れてみると、まず酸味から入ってくるというか、とてもグレープフルーツっぽい果実味がしっかり口のなかに広がった。甘さも、グレープフルーツの度合いからそれほど遠くない。酸味がしっかりしていて甘みが控えめなので、なんだかストイックな印象。まずくはないんだけど、コノスルの弱点な一本調子なことも相まって、コノスルの白ワインシリーズのなかでは禁欲的過ぎるような気がした。そういえば、最近飲んだリースリングの2010もシャープなワインだったような。いつぞやに飲んだ20バレルとの中間ぐらいの味わいなら、たぶん自分の好みなんだろうなとか思った。
 
 ※わけあって二日後、残り200mlを飲んでみたら、酸味がさらに強烈になっちゃって、グレープフルーツというよりレモン+ビネガーといった趣。飲むのが大分きつくなってしまっていた。保存状態がぞんざいだったので、仕方ないかも。