読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0528】Terre Da Vino Barbaresco 2008

 
テッレダヴィーノ バルバレスコ
 
 バルバレスコといえばバローロに次ぐ北イタリアの高級ワインジャンルのはず。ところがこのバルバレスコは1600円ほどの価格。この価格を考えれば、クオリティはお察しのような気がするけれども、一応、ワインボトルの首のところにはDOCGを表すピンク色のリボンが巻かれている。このリボン、安薄キャンティにも巻いてあるぐらいなのでそんなにあてにならないけれど。
 
 実際にグラスに注いでみると、バルバレスコとしてはかなり薄い色のガーネット系の色。赤くて透明で綺麗だけど、これがバルバレスコとはあまり思わないかも。
 
 匂いをかぐと、甘酸っぱくて柔らかい匂いがするけれども、バルバレスコというよりピノ・ノワール(甘い系の)のような印象を受ける。今まで経験したバルバレスコは皆、初手からトーンの高い匂いが混じっていたけど、こいつには無い。この時点では、むしろコノスル リゼルヴァ ピノ・ノワールのことを思い出した。
 
 口に入れてみると、うわっ酸っぱい!タンニンのせいか何のせいか、最初の一口を口に入れた瞬間、コーラ系飲料を口に入れたような錯覚を覚えた。二口目以降も、コーラやガラナっぽい何かが漂っていて、後味にもそれが続く。タンニンは口の中に入れた瞬間は上顎いっぱいに広がるけれども、後味にはあまり残らない感じ。
 
 でも、二時間ぐらいしてくると、俄に松ヤニや樹脂のような風味が強まって、興味深くなってきた。味の面では甘みも膨らみも少なめで、お世辞にもおいしいとは言いがたいワインながら、それなりに「こいつなんだろ」と思いながら呑めたので、退屈とは程遠いひとときとなった*1
 
 ※二日目になると、松ヤニっぽさは減退して酸っぱくて渋いワインの傾向が強まって一歩後退。
 

*1:でも、ワインに安らぎを求めるような時には向いていないっぽい