読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0542】Patrizi Asti (N.V.)

ピエモンテ

 

 
 久しぶりにアスティが飲みたくなって、家の奥に寝ているやつを引っ張り出してきた。見た目はいつものアスティとあまり変わりない、シャンパンみたいな色。細かな泡が立ち上るさまも派手。鼻を近づけるとアスティらしいマスカットのような匂いが漂っている。
 
 口にしてみると、甘くてクリーミーなアスティの味がシュワワーッと口のなかに広がった。ただ、見た目に比べると泡の爽快感が少なく、後半に金属っぽいキンキンした感じが残る。こういうキンキンした感じはアスティでは初めてで、良くも悪くもこのボトルを印象づける特徴になっている。そのせいか、今日は甘みがくどく感じられ、バター飴っぽさを伴っているとさえ思った。