読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0596】Dopff et Irion Riesling 2007 (ハーフボトル)

 
ドップ エ イリオン リースリング ハーフボトル
 (※リンク先のヴィンテージは不明です)
 
 今日はスズキの刺身がごっそり手に入ったので、白ワインをあわせようと思ってまたもやアルザス。このメーカーは初めて。コルクを抜くと「リクヴィル村で瓶詰めしました」と書かれていた。
 
 色は、アルザスリースリングというけれども意外なほど濃い白ワイン色。ほんの少し黄金色がかってさえいる。匂いは、オイリーな揮発臭を伴った、プリンスメロンのような匂い。おいしそうだ。
 
 口に入れてみると、がっしりとした酸を伴ったさっぱりとした口当たり。プリンスメロンの皮の近くみたいな苦味と青っぽさが少しだけ感じられるような気がする。でも酸っぱくて苦いばかりのワインでもなく、特に口の中に含んでいる間はクリクリっとした口あたりの甘みを伴っている。呑み慣れてくると、シャープな酸味が長く続くようになって鋭利な印象に。当初感じた甘味は削げ落ちたけど、鉱質を伴っているせいか、それなり潤いと口当たりは残っていて「すっぱいだけ」でもない。刺身と一緒に楽しくいただけたと思う。