読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0605】Dopff et Irion Gewurztraminer 2009 (ハーフボトル)

アルザス

 
ドップ エ イリオン ゲヴルツトラミネール ハーフボトル
 (※リンク先のヴィンテージは不明です)
 
 蒸し暑い日には白ワインが呑みたくなるわけで、ハーフボトルのこいつを開けてみることにした。色を見ると、しっかりしたレモン色で濃厚そうな様子。匂いをかぐと、露骨にライチ&パイナップル&花畑で、テラテラとした、なんともゲヴルツトラミネールっぽい雰囲気。
 
 口をつけてみると……なんと甘い!メロンの皮の近くを思わせる苦みを伴ってはいるけれども、ワインそのものはかなり甘くて、蜂蜜のような香りが鼻腔に飛び込んでくる。一応辛口に分類されるけれども、表面的には甘口ワインのような匂いと味がコーティングされているような。昔呑んだ、イエルマンのトラミネール・アロマティコに相通じるところがあるというか、甘い香りや味を好む人が辛口ワインに入っていくにはぴったりかもしれない。粘性高く、ミネラルも結構あって、飲み応えたっぷり&口のなかはトロトロした感覚がある。甘さと香りのせいもあってかとても享楽的。白ワインの正統な立派さ(正統ってなんだろう?ブルゴーニュのシャルドネとか、あのあたりかな?)からはほど遠いっぽいけれど、飲み物としては立派も立派、至福のひとときだった。