読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0619】Medici Ermete Reggiano Lambrusco Rosato Dolce (N.V.)

 
メディチ・エルメーテ クエルチオーリ・レッジアーノ・ランブルスコ・ドルチェ
 
 暑い日のデザートとして、甘口ランブルスコは割とすばらしい。で、今回はいつものメーカーのロゼ甘口を発見したので、こいつをやってみることにした。
 
 色は、とても綺麗な桜色でロゼらしい色合い。泡はグラス表面にサイダーのような泡がつくほか、細かな泡が散発的に立ちのぼる感じで、スパークリングワインとしてはお世辞にも立派とはいえなさそう。匂いをかいでみると……この時点では殆どわからなかった。
 
 口に入れてみると、いつものランブルスコ甘口よりもはっきり酸味が強く、けれどもヨーグルトらしさとこってりとした甘さを喪わない味。そして後味にはキューンとしたさくらんぼっぽい酸味が染み渡り、意外なほど濃く感じられる。かんきつ類の皮みたいな風味は弱めだけど、さくらんぼっぽさが非常に強く、なおかつ、ランブルスコ甘口としての体裁を失ってもいない。ロゼのなかでは、近い地域のファルネーゼロゼの「さくらんぼ爆弾」という表現に一番近いような。
 
 こなれてくると、段々と野いちごのような味と匂いが強まって、えらく野性味&ジューシーな雰囲気に。褒めすぎかもしれないけれど、飲み干した時の余韻は、アタリを引いた新鮮安ブルゴーニュのような雰囲気だった。大満足。