読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0651】Fattoria Lavacchio Chianti Rufina Cedro 2008

 
チェードロ キアンティ ルフィーナ
 
 今日の夕食は、チキンハンバーグと野菜スープ、納豆とごはん。なんとも「普通」なご飯は普通のワインということで、あまり値段の張らないキアンティの傍系を開けてみた。
 
 色は、意外と透明感のある薄めの赤ワイン色。赤茶色っぽいような。匂いをかぐと、スミレっぽい匂いが強く漂ってきていかにもという感じがする。
 
 口に入れてみると、スミレっぽい風味が口のなかいっぱいに広がり、それと柔らかい口当たり。ただ、ちょっと意外だったのは後味になると鋭すぎる酸味がやってきて、キアンティなのに「酸っぱい」と感じること。それと、くつろいだ感じが足りないのと、お汁粉のような粒度があんまり感じられない。キアンティ系としてもともと期待した方向とはだいぶ違うような印象だった。
 
 ※二日目になると、なんとなくお汁粉っぽい粒度が感じられるようになったけど、相変わらず酸っぱくて貧相な印象は否めず。イタリアらしくないわけじゃないけど、陰気で旨味の少ないワインだとは感じる。