読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0658】Taittinger Brut Reserve (N.V.)

 
テタンジェ・ブリュット・レゼルヴ

 今日は久しぶりに外呑み。訪れてみた洋酒店には、意外にもヴァルポリチェッラやラグレインといった、イタリア土着赤ワインが目白押しでびっくりした。でも、まず頼んでみたのはシャンパーニュ
 
 色は、かなり黄金色の入った立派な色合い(照明が薄暗いせいもあってかもしれないけれど)。泡のほうは、ボトルの最後のほうだったせいか乏しく、これが素の泡とはちょっと思えない。実際、「ボトルの終わりのほうだったんで値引きします」と後でディスカウントしていただくことになった。匂いはそれほど強くも弱くもない、リンゴとメレンゲっぽさが匂い立ってくるような感じ。
 
 味わってみると、安いのが取り柄のシャンパーニュ達のゴッテリ感や押し出しの強さとはだいぶ違って、そんなにゴテゴテしていない。上品な酸味とあんまり重くない口当たり、ちょろっとした甘さで、非常にバランスに優れたタイプのシャンパーニュとお見受けした。これは酔っている状態で呑むのがもったいないというか、素面で一杯目に呑むにはぴったりという気がする。最近、シャンパーニュは安い価格帯のものばかり呑んでいたけれど、ちょっと考え直したほうがいいのかもしれない。これで万全のコンディションだったら、さぞかし素敵な体験だったに違いない。でも、テタンジェってランソンやモエやポメリーより一回り高いから、なかなか自分では購入できず。