読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0663】Taittinger Brut Reserve (N.V.)

テタンジェ・ブリュット・レゼルヴ
 
 場所を変えて、料理と一緒にシャンパーニュを。ここで、先日呑んだばかりのテタンジェをまた出して頂いた。今回は開けたてコンディションなので、違いが楽しみ。
 
 色は相変わらず美しい黄金色。そして、今回は泡が豊富で、細かな泡がもうもうと吹き上がっていて壮観。
 
 じゃあ味はどうかというと、前回の泡が少なくなったソレに比べると、若々しくて荒々しささえ感じられるような。果実味と酸味が強く感じられ、前回に比べれば典雅さは目立たない。とはいえ、やっぱりトータルバランスと口当たりのエレガントさにおいてはモエやランソンとはなにやら様子が違っていて、これは好みだなーとは思った。それと前回の「泡が落ちてきた時のシャンパーニュの魅力」を再認識できたのも良かった。