読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0691】Candido Salice Salentino Riserva Lacarta 2006

イタリア南部

 
サリーチェ サレンティーノ ロッソ リゼルヴァ ラ カルタ2006
 
 「あまり疲れず、なおかつおいしい赤ワインが欲しい」とは、平日によく思うことだけど、これもそういう状況下で選ばれた。プーリア州では割と有名なサリチェ・サレンティーノだけど、2006年とけっこう古い。どんな感じになっているんだろう。
 
 色をチェックすると、かなり透明感のある、ちょっと茶色っぽいガーネット色といったところ。予想していたよりも澄んでいて薄い色をしている。匂いはあまり強くないけれども、少し線香っぽい第一印象→ほっこり系のイチゴミルク臭。ただ、なんとなく生臭いような、パラフィンのような、不思議な匂いが混じっているような気がする。
 
 口に入れてみると、なだらかな飲み口にして、柔らかくて美味い酸味、丁寧な舌触り、ワインらしいコクもえらく上品で紳士的。ボルドーとは違うけれど、なんだか予想外の落ち着きっぷりと上品さ。甘みは多すぎず少なすぎず。新世界にありがちな、うるさいほどの果実味や香りで圧倒するような気配でもなく、この価格帯の赤ワインとしては信じられないほどバランスがとれている。なんだこれは!
 
 ※二日目は、少し甘みが弱くなってしまったみたいで、パワーダウン感がある。酸味はさほど強くなっていないけれども。2006年産ということで、早めにお疲れになられていたのかもしれない。