読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0707】Delamotte Brut (N.V.) (ハーフボトル)

シャンパーニュ

 
ドラモット ブリュット ハーフ [NV]
 
 まず、色はかなり黄金色っぽい派手なシャンパンらしい色をしている。泡の立ち上りは良好、凄い勢いで速度は速め。匂いをかぐと、青リンゴの匂い、特に青リンゴの芯の匂いが優勢で、そこに少しだけ八つ橋の甘さが混じってくる匂い。
 
 口をつけてみると、ギューとした酸味が来た後になんと、少しバターっぽいコクのある後味が来た!なんなんだろう、鉱質といえばそうかもしれないけれどもバターの印象のほうが強いコッテリ感、ああ、イエルマンのヴィナーエに似ているコッテリ感だ!ピーナッツっぽいともいえるかもしれない。けれどもその後ろには酸味がバックネットを張っていて、あまり前面には出てこないけれども甘味だってある。暫くすると、漆喰のような匂いまでしてきた。かと思うと一瞬後には青リンゴや葡萄に戻ってもいる。
 
 へえ、この価格帯でこんなシャンパーニュもあるんだ。ちょっとびっくり。泡でこういうのは個人的には好みじゃないし、快適さを追求したとは言いがたいような。けれどもこういうのが好きな人はどこかにいそうな気がした。