読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0735】Feudi di San Gregorio "Cutizzi" Greco di Tufo 2010

クティッツィ グレコ ディ トゥーフォ
 
 今日の夕食は、うどんとサラダ。これにはワインが合わないので、小魚のフライをおつまみにしながら、南イタリアの白ワイン、グレコ・ディ・トゥーフォのなかでも少し格上のボトルを開けてみることにした。
 
 開けてみると、色は意外と黄色っぽさの強い、黄金色タイプの白ワイン色。匂いをかいでみると、新鮮で爽やかなラムネの匂いと花の匂いと青リンゴの匂いが混じり合って強烈に鼻に飛び込んで来る。少し蜜っぽいニュアンスもあって、たいへんおいしそう。
 
 口をつけてみると、強烈なカルシウム的鉱質と、ゴワッとした青リンゴの酸味と甘み、それからスーッとする成分が同時にやってきた。酸にパワーと清々しさとカルシウムっぽさが強烈に溶け込んでいて、呑んでいてとにかく気持ちいい。今日は酸の強い白ワインが飲みたかったので、こういうのは嬉しい。小魚のフライとの相性は抜群で、どれだけでも食べられそう。うーん、これは美味い、やめられない。値段に見合っているか否かはさておいて、とにかく美味い。
 
 ※翌日になると、煎ったピーナッツのような香りを伴っていて、これもグレコとして矛盾しない感じ。やっぱりこのワインはおいしい。