読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0760】Castello Monaci Fiano "Acante" 2011

  
カステッロ モナチ フィアーノ アカンテ
 
 今日の夕食は、鶏肉のスープ、ベーコンとほうれん草のバター炒めを中心とした洋食。こういうこってりした食事にも南イタリアの白品種ならきっと大丈夫と思って、割と安めのこいつを選んでみた。
 
 まず、色はそこそこ黄色っぽい白ワイン色で、少しだけ気泡が発生している。匂いは澄んだ香りが一応するけれども、そんなに立派な匂いではない。このへんは、同じフィアーノでも、高くて本場なアベッリーノ産に比べると安ワインらしい感じ。
 
 口に入れてみると、なんかタプタプな膨らみとカルシウムイオンの強い鉱質、潤いも抜群で、みようによってはピノ・グリージョ(ピノ・グリ)みたいな。さりとて青リンゴみたいに澄んだ酸味は隠しようもなく、リンゴと蜂蜜な甘みと酸っぱ味がしっかりと残る。おお、けっこうやるじゃないですか。本場のフィアーノに比べるとスケールダウン感はあるけれど、コストパフォーマンスを考えたら立派なもの、これはいいと思った。