読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0826】Laurent-Perrier Brut (N.V.)

 
ローランペリエ ブリュット
 
 今日は久しぶりのワイン会。前菜とピザまでに付き添ったのは、これまた久しぶりのローランペリエ。最初はやっぱりシャンパーニュでしょう。グラスに注いでみると、適度に黄色で、細かい泡がゆっくりと立ち上る性質の、おいしそうな見た目。匂いはあまり感じられない――一応、青リンゴみたいな匂いはあるけれども、漬け物系やイースト系の匂いは感じられず。
 
 口をつけてみると、とても柔らかいアタックで、つっかかってくるようなところが無い。酸味もしっかりしていて、口当たりがクリーミー、コクのある飲み口だけれど、どれも一定の枠内に収まっているというか、上品なところにまとまっていてとげとげしさが無い。じゃあ水っぽいかというとそうでもなく、柔和でふっくら、こってりしている。モエに比べると迫力が足りないといえば足りないけれど、くたびれさせない品の良さを感じた。