読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0898】Concha Y Toro Sunrise Carmenere 2012

 
コンチャ・イ・トロ・サンライズ・カルメネール
 
 よくよく考えたら、カルメネールという品種を単体では呑んだことがなく、しかも何故か自宅の在庫にこれがあったので、ちょっと呑んでみることに。
 
 色を見ると、ワインというよりリキュールを連想させるような、暗いけれども光をあてると蛍光紫色っぽくなるような不思議な紫色。少し値段が高くて茶色の入っていないような、そういうカシスリキュールを思わせる感じ。匂いをかぐと、スペイン産の赤ワインでかいだことのあるような線香系の匂いが立ち上ってきて、少しだけ煙たい。嫁さんは「たばこ臭い」と言い始めたけれど、なるほど、そうとも言えるかも。
 
 口に入れると、思ったよりも酸味と果実味が強くてタンニンしっかりしていて、微妙にスパイシーな感じがする。沈鬱でもなければ陽気というでもなく、とにかく濃い飲み物で肉厚。ワインのあてにした硬めのパンでは太刀打ちできず、紫色のインクで身体が染め上げられていくようだ。慣れてくると甘みも感じるけど、それにしたって大柄、しっかりした肉が無ければ駄目っぽい。2/3を残して、明日は肉系の料理にしよう。
 
 ※二日目。一日経ったぐらいではビクともしないのか、あまり呑み心地は変わらない。きついー。