読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0909】Fattoria di Calcinaia Chianti Classico "Piegaia" 2009

 
キャンティ クラシコ ピエガイア 2009
 
 色は、赤茶色をしていて思ったよりも薄く、透明感のあるカラー。お年を召したブルゴーニュを連想するようなタイプで、ちょっと意外。匂いをかいでみると、お汁粉っぽい匂いとスミレのような匂いがぷーんと漂ってきて、いかにもキアンティ・クラシコらしいタイプでちょっと安心した。
 
 で、口に入れてみると、まさにお汁粉のようにざらついた飲み心地で、ビター風味と厚みはそこそこ、タンニンはあるけれどもざらつきに隠れてしまって柔らかく感じられる。口に運ぶたびにリキュールのように濃厚なスミレの香りが口のまわりに木霊して、いい気分にしてくれる。ちょっとした苦みと一緒に果実味がやってきて、それなりに愛想はいいけれども締めるところは締めているような気がする。
 
 濃くてざらざらした、少し男っぽいキアンティクラシコ。いいんじゃないでしょうか。 
 
 ※翌日は、少し煙たい感じが強まったような気がする。大きくは変化していないけれど、とりあえず満足な感じではある。