読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1008】Barokes Bubbly Wine Chardonnay (N.V.)

 
バロークス プレミアム缶入りワイン 白
 
 行楽のお供として優秀なバロークスの缶ワインが、金色にリニューアルされているのを発見して思わず買ってしまった。モノはシャルドネのスパークリングで、他のバロークスのワインに比べて少しだけ高価。この僅かばかりのプレミアムとやらが何なのか、確かめてみたくなって空けてみた。
 
 缶ワインなので、色はちょっとわからないけれど、匂いははっきりしている。樽の匂いだ!バニラとメロンを足して2で割ったような、いかにも樽を効かせましたといわんばかりのフレーバーが明確に伝わってくる。
 
 で、口に入れてみると、これまた樽な感じ。なるほど、プレミアム感ってのは、たぶんこの樽香なんだろう。どれだけ呑み進めても樽っぽい香りがぷんぷんする。ちょっと作為的だなーと思うと同時に、「今日欲しかったワインはもうちょっと爽やかで酸の利いたやつなんだけどなー」的な印象は否めない。確かにふくよかだし、樽の香りをリッチと取る向きには、こういうワインがプレミアムなのかもしれない。けれどもスパークリングワインで、酸より樽がバンバン気になるようなワインってのは、好みではないし、たぶんオーソドックスでもないような気がする。「ズルして高級感を出そうとしてませんか?」的な。
 
 もうちょっと酸っぱくて魚料理に合うようなサッパリ系が欲しかった事も手伝って、あまり乗り切れずに終わってしまった。頑張っているのは認めるし、これを評価する向きもありそうだけど、自分はだめです。