読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1010】Argiolas Vermentino di Sardegna "Costamolino" 2013

 
アルジオラス コスタモリーノ
 
 このワインは、サルディニア産でつくられたヴェルメンティーノ(イタリア土着品種)のワイン。メーカーははじめてのアルジョラス、お値段はちょっと高めで、ヴィンテージはなんと2013。できたてのワイン。
 
 香りは素晴らしく、甘い蜂蜜っぽい匂いと、リースリングみたいな澄んだ匂い、それから植物・花畑系の活きのいい匂いがぷんぷん漂ってくる。見た目はセッラ・エ・モスカ社の同品種と同じで、少し気泡が立っている。
 
 口に入れてみると、思いのほか苦みが強くてびっくり。植物っぽい苦み&少しだけ渋い?ような気もする。酸味はあるけれども丸みがあって、上品+かわいらしい。炭酸っぽさはあるんだけど、それより他の成分が強いせいか、あまり目立たない。呑み進めていくと、苦さがヨモギやハーブっぽさに変化した。このヴェルメンティーノ種としてはよくあるパターンだけど、それにしては果実味に甘みや膨らみがしっかりしていて、たっぷりとしている。洋梨やビワのような風味も漂ってきて高級感はあるかも。味の輪郭のクッキリした感じもこちらのほうが上。セッラ・エ・モスカの品に比べると価格差に見合ったものを提供してくれたけれど、炭酸ザックリ感では少し下というか、簡素な魚料理と一緒にやるデイリーならあちら、単品で週末に楽しむならこちら、という感じ。用途によって使い分ける余地はあるように思えた。