読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1029】Cavalierino Vino Nobile di Montepulciano 2010

 
カヴァリエリーノ ヴィノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノ
 
 そして鹿肉のラグーにがっちり合わせるのは、トスカーナ産の濃そうなワイン。これなら間違いないでしょう。
 
 まず、色をチェック。思ったよりも明るい色で透明感がある。決して薄くはないけれども、フロンテラのカベルネに比べれば薄いほう。匂いははっきりしない……。
 
 口をつけると、柔らかな口当たりでなで肩の甘みがパッと広がった。キュートなベリー系の酸味が伝わり、予想していたのとはだいぶ違う。チョコレートの匂いが感じられるようになり、えらく人当たりの良い印象。ラグーと一緒にやると、さっぱりとした口当たりになって、濃い料理とそれなりにお付き合いしているような。単体ではどうだかわからないけれど、料理とは上手く付き合ってくれているようにみえる。
 
 その後は、ダークチェリーを煮詰めたジャムのような匂いが漂いはじめ、なんとも滑らかな呑み心地。タンニンがしっかりしていて苦みがあり、そのせいか骨格は結構しっかりしていると感じる――口当たりは滑らかなのに――飲み応えはかなりのものだった。
 
 ※二日目。もっとマイルド、もっと果実味が新鮮になって壮健な感じ。良い品ではないでしょうか。