読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1036】Villa Maria New Zealand Pinot Noir 2012

 
ヴィラ・マリア・プライヴェート・ビン・マールボロ・ピノ・ノワール[2012]
 
 今日の夕食は豚肉の野菜炒めと鶏肉スープ、なんか暑いけれども赤ワインが欲しかったので、ニュージーランド産のピノ・ノワールを頂いてみることにした。
 
 スクリューキャップをあけて注いでみると、ちょっとダークでガーネットなワインレッドをしている。先日のクロ・デ・ムーシュに比べると、はっきりと濃くて暗い。でも、それなり輝いた感じがしてきれい。匂いはそれほど強くないけれども、ジャムを煮詰めたような甘いやつは漂ってくる。
 
 口に入れると、これを獣っぽいと呼んでいいのかわからないけど、独特の例の風味がぷわーと来て、そこからビター&イチゴジャム。で、後味というか、甘酸っぱさを伴っていて、肉を頬張っている時には酸味がキューと駆け抜けていく。少しラフなワインのような気がするけれど、とりあえず期待したものは大体揃っているような。
 
 ※二日目になると、冷やし過ぎたせいもあってか?くどさがだいぶ落ちて、気持ちの良い甘酸っぱさに。少しミルキーな舌触りでもある。二日目は結構良い感じ。