読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1051】Piper-Heidsieck Brut (N.V.)

シャンパーニュ

 
NV パイパー・エドシック ブリュット
 
 今日の夕食は焼肉料理。こういう時には赤ワインがぴったりだろうけれど、その他のおかずの都合や天候の都合で、シャンパーニュになった。
 
 こいつの色は少し麦わら色がかっていて、少し「赤い」とも感じられる。泡立ちはさすがに立派なもので、ゆっくりと、たっぷりと立ち上ってくる。匂いを確かめると、パンのような匂いと青りんご系の爽やかタイプに、シャブリにもありがちな米ぬか系の匂い。
 
 で、口をつけるとしっかりとした酸味と苦みで目が覚めるような気分。飲みごたえのしっかりした、野太いシャンパーニュという感じがする。発酵系のテイストはあまり感じられず、まず酸味があって、そこに甘味や苦みがしっかり合体しているような。前回に比べると、酸味にウエイトの強い印象の対峙になった。食事との相性はもちろん大丈夫。ばっちりだった。