読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1060】Barone Cornacchia Montepulciano d'Abruzzo 2010

 
[2010] モンテプルチアーノ・ダブルッツォ (バローネ・コルナッキア)

 今日の夕食は豚肉のソテーと鶏団子スープ、ベーコンとほうれん草とバターのソテー。こういう軽い料理には、軽くて日常的なワインがよろしかろうと思って、久しぶりのモンテプルチャーノ・ダブルッツォを選んだ。
 
 色は、なかなかに濃くて不透明な、なんとも葡萄ジュースっぽい見かけをしている。香りのほうは、酸っぱそう&新鮮そうな葡萄の香りがツンと鼻腔に飛び込んできて、イタリアワインにありがちな、軟膏っぽいような甘い匂いを伴っている。
 
 口をつけてみると、酸っぱくて甘い葡萄果実の風味に、タンニンがしっかりしっとりとついてきて、「いかにも葡萄を皮ごとワインにしました」という雰囲気。タンニンが目立つ割にはおだやかな呑み心地で、喉を通る時には果実味と少しインクっぽい風味が流れ落ちていく。お酒の体格としてはそんなに重くなく、さくさくお酒が進んでいく。ちょっと困っちゃうなぁ、素直なワインだけに、こんなに美味しいとサクサク呑めてしまう。
 
 ※翌日はもう少し酸味が勝って昨日ほどの葡萄果実炸裂とまではいかなかった。こればっかりはしようがないか。