読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1061】Ballot Millot Volnay Santenots 2009

コート・ド・ボーヌ

 
バロ・ミロ / ヴォルネイ・サントノ
 
 ブルゴーニュはヴォルネの2009年は、重点畑&重点ヴィンテージ。今回、手頃な一級畑モノをゲットしたので、あまり期待しすぎずに接してみることにした。
 
 色を確かめると、先日のフィサンよりも少し薄い感じで、透明感のある朱色系の液体。ただ、朱色に少し鼈甲飴がかったカラーが混じっていて、なんとも飲食物然とした色合いをしている。香りを確かめると、まずはチョコムース系の甘い香りと梅を思わせるような酸っぱそうな匂いがぷーんと漂ってくる。ただ、少し香りが籠もっていて内気な感じ。
 
 口に入れてみると、案外酸味が勝っている感じで、もう口をすぼめたくなるほど酸っぱい!新鮮さを伴っていて、酸そのものは結構美しいけれど、いきなり酸が勝っちゃっている。タンニンは恐ろしく滑らかになっていて、ワインのボディも軽く、ちょっと鰹出汁みたいな塩〜グルタミン酸を連想させるような風味も伴っているけれども、この時点ではなんとなく落ち着かない。熟成して平べったくなってしまったワインというには酸がきつく、ピチピチしたワインというには他の味覚成分が老成しすぎているような。味と香りの余韻もそんなに長くない。なんだか樽っぽい風味が浮かび上がってもくる。こいつ、大丈夫なのか?
 
 幸い、一時間ほどした頃から、果実味が急に強くなって、チョコレートみたいな香りが味覚にも染みこんでくるような感じになった。なんとなく変なえぐみがあって気になるけれども、全般的には良い方向に変化。後半は嗅覚と味覚を心地良く包み込む、いかにもヴォルネに期待したくなるような、甘くて柔らかくて酸っぱくて穏やかなのか情熱的なのかわからないような味わいに。金額に見合わないワインかも、と落胆しそうになったけれども、後半に一気に挽回して典雅なところをみせてくれた。
 
 ※翌日は、フランボワーズリキュールみたいな凄い香りからスタートした。味覚のほうも甘くてコクのある路線になって、濃度の勝ったタイプになったと感じる。