読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1065】Louis Latour Chablis la Chanfleure 2012

 
[2012]ルイ・ラトゥール  シャブリ・ラ・シャンフルール
 
 今日の夕食は鱈のハーブ焼きとタコのサラダを中心としたもの+卵料理。ちょうど、シャブリが一本あったので、これを開けてみることにした。久々にルイ・ラトゥールの一本。
 
 まず、色はとっても薄い白ワイン色、久しぶりにみる透明感のある白で、その白っぽさはソアーヴェクラシコ並み。香りを確かめると、意外なことに少し蜜っぽい香りがするけれど、やっぱり米糠+甘夏な匂いが後ろから追いかけてきて、なんだかホッとする。
 
 口をつけてみると、後にしっかり尾を引く蜂蜜漬けレモンのような強烈な酸味+軽い甘み。飲み干した後も、口のなか全体が暫く酸っぱ味に支配される。こうじゃないと!それでも、甘さを一定レベルで伴っていて、単体でやってもそこそこいけるし、シーフードとはもちろんうまくやっている。期待以上の役割をはたしてくれた。
 
 ※翌日は、米酢のような雰囲気が強まったけれども、まだ蜂蜜っぽさを帯びたままで、強烈に酸っぱいなりに一定の枠組みを保っている。そしてミネラリー、牡蠣の貝殻をかじっているような雰囲気を伴っている。