読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1075】Domaine de Bellene Saint-Romain Vieilles Vignes 2010

 
[2010] サン・ロマン ブラン ヴィエイユ・ヴィーニュ
 
 このワインはブルゴーニュのなかでも白ワインが得意なサン・ロマン産のワイン。なんと、蜜蝋のような樹脂でコルクが覆われていて、開封するのが非常に大変だった。立派といえば立派だけど……。
 
 見た目は、なんとなくブルゴーニュシャルドネとしては妙に赤みがかった感じの色。ただ、以前に呑んだサン・ロマンの品もこんな感じだったので、もしかして土地の影響?このあたりは要検討だと思う。匂いを確かめると、カスタード&ハチミツの、極楽のような匂いが漂ってくる。カレラのシャルドネに結構似ている。
 
 ところが、口に入れてみると凄く酸っぱい!カレラに比べると幾らか米糠系(というよりシャブリ系)を連想させる清々しい酸が口に広がって、しかも南イタリアの白ワインに近いような、ごわっとした豪快さを感じた。でも、甘みがそれなりにあって、しんどいほどではない。ひたすら快楽を追求したスタイルではなく、節制が効いているとも、けちけちしてるとも。飲み比べるとたぶん負けるけれども、普段呑みはこっち。でも、仮にも村名ワインなのだから、もうちょっとウインクして欲しいかも。
 
 ※二日目も全体として鋭利なワイン。あまり膨らみがあるとは言えず、ちょっと酸味が勝ちすぎているような。サン・ロマンって確か少し標高が高いから、暑くない年は酸っぱくなりやすいとか、そういうのがあるのかな?