読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1080】Caldora Montepulciano d'Abruzzo 2013

 
カルドーラ モンテプルチアーノ ダブルッツォ[2013]
 
 今日の夕食は、豚肉の卵とじ、鶏飯、お味噌汁。これに合わせるはイタリアの普段ワインの代表例。
 
 色は、いくらか不透明さを帯びた普通に紫色を帯びた赤ワイン。匂いを確かめてみると、イタリアらしい軟膏っぽさに加えて、こいつの場合は随分と澄ました果実の匂いがする。ちょっと酸っぱそうな予感がするような、そういう匂い。
 
 口に入れてみると、柔らかくて甘い果実のフレーバーが鼻をスーッと突き抜けていって、まず好感触。口に入れて転がしてみると、タンニンや苦みもさることながら、甘みを幾らか帯びた果実味が、しっかりした酸味とともにギュワーッと弾ける。すごく新鮮、2013年ヴィンテージだけのことはある、と言いたくなるような。
 
 でもって、このワインが単純だからか、今日の食事に妙に巧く付き合ってくれる。ビールや日本酒よりも仲がいいんじゃないか?と疑うほど。特に豚肉の卵とじは、醤油の風味が効いているので普通はワインと少し喧嘩しそうなものだけど、このワインと一緒にやっても違和感が殆ど無い。ワインも食事も風味がまろやかに感じられて結構幸せ。
 
  ※二日目も表情はあまり変わらない。なんとも気楽なワインだ。