読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1096】Jerome Prevost la Closerie les Beguines 2006

シャンパーニュ

 
ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ ジェローム プレヴォー
 ※リンク先はヴィンテージが異なります
 
 今日は出稽古でワイン会。普段はあまり呑まない系統のワインがぞろぞろ出てくるので、大変楽しみ。まず出てきたのはこちら。
 
 照明がちょっと暗いので、ワインの色合いはちょっとわからないけれども、泡は勿論美しく。香りはイースト系+焼き林檎系なんだけど、いつものシャンパーニュ連中に比べるとふんわりとした甘さが強い。時々、シャンパーニュには八つ橋を連想するタイプがいるけれど、これはあくまで洋菓子を連想させるような。
 
 口に入れてみると、入り口の酸味は勿論立派ながら、甘みのニュアンスは強く、とてもコクがある。お店の人によれば、「ちょっと冷やし気味で出しました」とのことなので、もう少し温度が高ければさぞかしコッテリしてたんでしょう。だからといって酸味が足りないとかそんなこともなく、円満なシャンパーニュだった。