読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1121】Osborne Coquinero Fino Amontillade (N.V.)

スペイン 変わり者ワイン

 
オズボーン 「コキネロ」 フィノ・アモンティリャード
 
 そして今回のメイン、シェリーへ。
 まず出てきたのは茶色くなった「白ワイン」のこいつ。ちなみにこのワインログではシェリーは一貫して[変わり者ワイン]タグで取り扱う予定。
 
 液面はとにかく茶色くてベトベトしている。アマローネと比較しても粘性率の高さは全然違う。で、呑んだ印象は...実はあんまり覚えていなかったりする。普通の赤/白ワインとは明らかに異なる風味、それこそ「外国人が日本の味噌や日本酒に出会った時にこういう風に思うんじゃないか」と比喩したくなるような、未知の発酵臭が感じられる。
 
 この未知の発酵臭のこと以外はあまりちゃんと覚えていない。かなりケミカルで甘味を帯びていたようには記憶している。後の二本の印象が深すぎて、そちらに気を取られてしまった。