読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1122】Osborne Bailen Dry Oloroso (N.V.)

スペイン 変わり者ワイン

 
オズボーン バイレン ドライ・オロロソ
 
 次に出てきたのが、白ワインっぽい見た目のオロロソ。こっちのほうがインパクトが大きかった。
 
 見た目はまずまず普通の白ワインながら、粘性度の高さは桁違い。で、香りが凄い。シンナーとかニスとか、そういうケミカルな香り。でもそれだけでなく、柚子系の柑橘臭が漂ってもいる。ごつい香りだなー。
 
 ところが口に入れてみると、爽やかというより強烈な酸味がどっと入ってきてびっくり。苦味を強く帯びていて、甘さは控えめ、えらく切れ味が良い。それでいて、苦味の後味がやっぱり柚子の皮みたいで、一種独特の白ワイン世界を形作っている。でも、香りのほうはというと甘さすら帯びてきて、これもなんだか好ましい展開。
 
 凄く面白い白ワインとして体感された。これは自分で購入してじっくりやってみようと思う。