読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1145】Ile la Forge Unwooded Chardonnay 2013

その他フランス

 
イル・ラ・フォルジュ[2013]
 
 今日の夕食は、カツオのたたき、豚ブロックを煮込んだポトフのようなもの、卯の花、など。こういう軽い食事にあうワインとしてこいつを選択。こいつは南仏産のシャルドネだけど、名前から察するに爽やか系っぽい気がしたので、こういう食べものにも(ある程度)合ってくれるんじゃないかと期待して。
 
 まず見た目。緑色がかった、薄い白ワイン色。なんだか爽やかそうだ。香りは、ほのかなはちみつ風味もあるけれども、どちらかというと台所洗剤のような爽やかフローラル系、今のところ期待通り。
 
 口に入れてみると、引っかかるところの少ない爽やか酸味系。甘味と果実味はグレープフルーツに例えたくなるような、酸っぱい系白ワインとしては手堅いもの。メロン系の風味のような樽っぽいフレーバーは感じられず、やっぱり樽フリーなステンレスタンク製なのかな?かといって、ワインが痩せているかというとそうでもなく、口のなかでふくよかな感触を伴っていて、飲み応えはある。
 
 ところがしばらく飲み進めるうちに、樽っぽいというか、木やメロンの皮を思わせるような、その筋の香りが上顎〜のどの奥に漂ってきた。これはおかしいぞ、もしかして樽を使っているんじゃないかと思ってgoogleで答え合わせをしたら……やっぱり使っていた!ここからさらに調べるとunwoodedは「木が茂っていないさま」を指す言葉だとか。
 
 とはいえ滅茶苦茶に樽を仕込んでいるわけではなく、概ね爽やかに振る舞っている。呑みやすい。
 
 ※二日目も、樽っぽさはあるにしてもライトな飲み心地。バランスいいと思った。ちなみに後日調べ直してみると、やっぱり「樽は使っていない」という表現多数。ということは、このきついメロンっぽさみたいなのは葡萄そのものの風味?それとも枝?