読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1157】Domaine Galevan "l'Espirit Devin" Cotes du Rhone Villages 2012

 
[2012] コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ルージュ レスプリ・ドゥヴァン
 
 見た目は不透明で濃そうな赤ワイン色だけど、あまり黒っぽさは伴っておらず、むしろ「ワインレッドそのものが濃い」印象を受ける。香りの第一印象は「梅」。ブルゴーニュのワインなどでよく梅に香りを例えるけど、これはより梅度が高いというか、紅ショウガの香りに似たようなベクトルで梅っぽい。それと、僅かに木やミントの感じを帯びているような気がする。
 
 口に入れてみると、えらく濃い。酸味先行なんだけど、その酸味の後味が意外にも柑橘類を思わせるようなphの低そうなやつで驚く。タンニンはしっかりしていてベリー系の果実味もしっかりしているんだけど、後味の段になるとやっぱり柑橘っぽさを覚える。そのうち、香りのうちに苔っぽさを感じたり、線香っぽいフレーバーとも感じたり。濃さが血っぽいと感じることもある。
  
 やがてブラックコーヒーっぽい苦みとアメリカンチェリーのようなごつい果実味が付け加わって、味わいが広がった感じ。うんうん、こういうのを期待してたんだ、と言いたくなるような。
 
 ※二日目、少し力強さがなくなった。