読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1203】Isole e Olena Chianti Classico 2011

トスカーナ

 
キャンティ クラシッコ - イゾレ・エ・オレーナ
 
 このワインは、温度管理がしやすいかしにくいかわからない場所に一年以上放置していたもの。傷んでいるか、そうでないかチェックしてみることにした。
 
 見た目は、ある程度透明感のある、少しだけ赤茶けたワイン色。で、香りは小豆ぜんざいのような甘い香り軟膏、それから幾らかジャムっぽさを帯びていたじつにおいしそう。
 
 で、口に入れると、びっくりするほど新鮮な甘いぶどうの風味が口のなかに広がった!うまい!酸味とタンニンがしっかりしていて、コーヒー風味のコクを裏打ちするようにしっかりとした甘酸っぱさがのどを降りていく。今日の夕食は鮭と野菜のバターソテーと豚肉&サツマイモの甘辛炒めがメインだけど、こんな食事とも意外と喧嘩しないで付き合ってくれる。タンニンのふかふか&適度な苦みのおかげか、果実味のフレッシュさだけの赤ワインに陥ることなく、二杯目の終わりあたりからは呑み心地に鉄のような硬度が伴ってきて男性的な面持ちになってきた。
 
 ※二日目。少し汗っぽい&潮っぽい感じでくたびれた様子。常温でほったらかしにしたせいで罰が当たった?でも潮っぽさはそれほど悪くはない。