読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1215】Los Vascos Sauvignon Blanc 2014

チリ

 
ロス・ヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン
 
 今日の夕食は鶏のから揚げ、ウナギの肝吸い、魚のバジル焼き。これにあわせるのはチリ産のソーヴィニヨンブラン。
 
 スクリューキャップをあけてまず見た目チェック。まあ、薄めの白ワインですね。ほんの少し気泡が入っている。香りはまさにこの品種にありそうな、黄桃+ハーブという感じ。
 
 口をつけると、目の覚めるような酸味。香りに比べるとシャープな口当たりで、八朔を思わせるかのような酸味。そこに思い出すように黄桃の風味が付け加わる。糖度の高さか、それとも鉱質の強さか、口当たりは意外としっかりしていてそんなに細身でもない。この品種、あまり得意ではないのだけど今回は終始幸せだった。
 
 ※翌日はもう少し爽やか……というより充実感の欠けた、自分がよく知っているようなソーヴィニヨンブランの顔つきになった。黄桃系がよわまり、ハーブっぽい。初日のほうが楽しめた。