読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1261】Louis Picamelot Cremant de Bourgogne "Les Terroirs" Brut (N.V.)

 
 クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット・ルイ・ピカメロ
 
 今日はケーキの後にスパークリングワインをいただいてみることに。選んだのは、ブルゴーニュ産のスパークリングワインを手がけていて、わりと信頼しているルイ・ピカメロさん家のもの。ここの家は甘口の赤スパークリングワインも美味しいんだけど、今日はオーソドックスに白で。
 
 見た目は、ちょっと赤色がかった感じがして、ピノ・ノワールがいっぱい入っているのかな?と疑うような感じ。泡はちょっと早めの上昇速度で、水面にいっぱい浮かび上がっている。ボトルを抜栓した段階で米糠みたいな香りがして、さらに、香りを確かめると漬け物系の香り+林檎系のサワーな香りがやってきた。
 
 口をつけると、青リンゴっぽい甘みと麦わらみたいな風味がフワーンと来て、そこから米糠よりもテッポウ漬けを連想させるような強い漬け物臭が。ほんのり蜜のような後味もあって、炭酸圧が弱いせいか、飲み終わりの感触は少し酸っぱめのシャルドネを連想させるところもあり、とても美味い。