読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1275】Louis Jadot Chateau des Jacques Bourgogne Gamay 2012

その他ブルゴーニュ

 
ブルゴーニュ ガメイ シャトー デ ジャック 2012 ルイ ジャド
  
 このワインは、ボジョレーのクリュ区画のものを混ぜてつくったものらしい。メーカーはボジョレーにたくさん畑を持っているルイ・ジャド、本当は寝かせて呑むべきなんだろうけど、このクラスのワインをそんなに持っていられないのであけてみた。
 
 見た目は、割と普通な赤ワイン色で透明感がある感じ。とても普通な外観で、とやかく言う点は無い。香りの滑り出しは、やっぱりボジョレー系にありがちなホッコリ駄菓子系の香り。でも、そこからが面白くてパストゥグランっぽいというか、えらくトーンの高い甘い香りと牡丹餅みたいな香りが混じってきて美味そう。
 
 口に運んでみると「飲むヨーグルトブルーベリー味」にとてもよく似た風味が来て、そのままミルキーな呑み心地、炸裂する葡萄風味、初手から意外なほど呑みやすい。タンニンはそれなりあるけれども刺々しいタイプではなく、カフェオレ風味も相まってワインの骨格をしっかりとしたものにしている。呑みやすいけれどもカッチリとしたワインで易きに流れる様子がない。いや、おいしいですよこいつは。和やかなんだけどナヨナヨしてなくて。ミルキーだけど地に足がついていて。ボジョレー系のガメイ種ってやっぱり可能性のある品種なのかなぁと思った。
 
 ※二日目もミルキーだけどしっかりしたワイン。小揺るぎもしない。これお買い得だったかも。見つけたら集中的に買おうかな。