読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1288】Domaine Charles SPARR Altenbourg Alsace Pinot Gris 2011

アルザス

 
ピノ・グリ アルテンブール(アルテンブルグ)
 
 今日の夕食はホッケを焼いたもの中心の夕食。こういう味の濃い魚に合わせるなら……何がいいんでしょうね。今回はアルザス産のピノ・グリを選んでみた。2000円ぐらいの品なので、それなりおいしいといいなぁ……と思いつつの抜栓。
 
 まず見た目。これはちょっと濃くてトロトロっとした雰囲気の普通の白ワイン。で、香りは白桃~洋ナシみたいな方面に葱を切った断面みたいな風味を伴ったもの。少しバターも伴っているかな。おいしそう。
 
 口をつけてみると、やっぱり「洋ナシをバターでソテーしたような」風味が来て、しばらくして爽やかな酸味が喉を潤していく。やっぱり葱っぽいエキスを僅かに感じる。だからかな、カリンやのど飴を思わせるようなところも。そこから更に、梅みたいな香りや、やっぱり植物をへし折った時のような新鮮な風味が漂って面白さは長続き。これがピノ・グリという品種らしいワインかどうかはよくわかんないけれども、とにかく面白い思いができて満足だった。
 
 ※翌日。ちょっと梅っぽいフレーバーが退いたような。けれども茸と海老のアヒージョ、冷凍食品のエスカルゴなどとはまずまず付き合ってくれた。