読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1290】Maison Mayol Chardonnay 2013

 
メゾン・マイヨール シャルドネ [2013]
 
 今日の夕食はブイヤベース。となれば、南仏産の白ワインかロゼワインが相方としては良さそうだと思い、南仏のシャルドネを選んでみた。あんまり濃くないタイプのほうが嬉しいけれど、やっぱりコテコテなんでしょうか。
 
 まず見た目。いきなり黄金色をしていて濃そうな雰囲気。でも香りは爽やか系で、台所洗剤系の爽やかな芳香がふんわりと立ちのぼってくる。あと、ちょっとメロンやアンズを思わせるような果物系の香りもするけれど、いずれも控えめ。ギャーっと匂ってくるのでなく、これぐらいでもいいんじゃないでしょうか。
 
 口に入れてみると、甘みの強いふんわりとした呑み心地でフルーティー。「酸味で勝負」なシャブリやピュリニーモンラッシェ系ではなく、もっと甘くてふくよかで酸のマイルドな南方の味わい。若いワインなんだけど、少しアンズの香りが漂っているのが不思議だけど、不快ではない。樽の風味が利いているような気がするけれども、そのせいか、若干のエグみみたいなものは感じられて雑音だなーとは思う。でも、この価格帯なら減点法より加点法で眺めたほうが幸福だと思うので、十分すぎるほど「呑める」ワインかと。
 
 ※二日目。アンズっぽさは消えた。酸が強まるかと思ったらそうでもなく。昨日のほうがちょっと良かったかも。