読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1295】Famille Perrin Cotes du Rhone Reserve 2011

ローヌ

 
コート・デュ・ローヌ・ルージュ ペラン・レゼルヴ
 
 今日の品は、高級品がとてもおいしかったローヌの作り手のベーシック品。お手頃なのでそれなりだろうけど、なにか美点が見つかったらいいなと思って挑戦してみた。
 
 まず見た目。グラスの底が見通せないほど不透明ではないにしても、黒っぽくて深いワインレッド。青っぽさ・茶色っぽさは殆ど感じられない。香りは初手ではあまり派手ではなく、くぐもったような調子で葡萄酒系の香りがする程度。なんだか匂わないなー。
 
 口をつけてみると、最初はミルキーで柔らかなイチゴミルク系の滑り出し→ジュワーっと溢れるような果実味&酸味と軽い苦み、それからどっさりタンニン。イチゴミルク系の柔らかなところがキツいタンニンと強い果実味&酸味を取り持つことで危ういバランスを保っているような。危なっかしいけれどもおいしいワイン。
 
 ※二日目。昨日よりも苦みが強いながら、危なっかしさより調和を感じるようになった。ばさばさしていない。
 
 ※三日目に残りをいただいた。まだまだ元気、ちょっと沼っぽい雰囲気も。果実の新鮮さはなお健在で、長く飲むには良さそう。