読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1300】Chinchilla Pere et Fils Blanc de Blancs Brut (N.V.)

 
シャンシーラブラン・ド・ブラン グラン・クリュ・オジェ
 
 こいつは特級畑でつくられたシャンパンとのことだけど、今回、かなり安い値段で売られていたのを捕まえたので、手元のボトルがちゃんとしているのかどうか怪しげな一品。
 
 まず色は、一応黄金色というか麦わら色というか、シャンパーニュとしてはとても標準的な色合い。で、細かな泡がしっかりと立ち上っている。
 
 香りは、まず青りんご系の爽やかなものが目立ったけれども、メレンゲ、それか饅頭系の和菓子のような独特の柔らかい風味が伴っていてまずまずおいしそう。
 
 で、口をつけてみると青りんごより赤りんご系というか、蜜っぽい旨味が結構ある。「りんごジュース」な感じの酸味と甘みだ(もちろんシードルほど酸っぱくはない)。で、こいつはスペインのカヴァほどじゃないけど、少し金属的な緊張感を伴っていて、これがひどすぎないので良いアクセントになっていると感じる。で、最初はそのあたりがガチャガチャしていたけれども、二杯目に入るぐらいから統一感が出てきて、じわーっとシャルドネ風な蜜っぽさが染み込んできた。おお、だいぶバランスが良くなったぞ?背筋の伸びる&バランスのとれたシャンパーニュ
 
 ※二日目に残しておいたものは、すごく漬物っぽい雰囲気を帯びるようになり、ドッシリとした雰囲気に。「昨日よりもクリュッグ寄りの風味」に。微炭酸にはなってしまっているけれども、そんなの関係ない。二日目のほうが美味かった。