読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1309】Cono Sur Cabernet Sauvignon Especial Reserva 2013

 
カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルバ・エスペシアル[2013]
 
 あまり飲まなくなったチリワインだけど、やっぱり定番商品は思い出したくなって、今日はコノスルのリゼルヴァを抜栓。グラスに注いでみると、透明度の低い、とても濃くて典型的赤ワインらしい色合い。赤紫~青紫のスペクトルでいえば、このメーカーのカベルネにしては赤紫寄りのような気がする。香りは、煮豆のようなほっこりした甘い香り・緑色系線香・杉の木といった感じ。
 
 口をつけると、凄いタンニンと苦み(パフェに乗っている銀色のつぶつぶみたいな苦み!)がワッと来て、その後ろから甘みと果実味がやってきた。甘さも果実味もすごく線が太くて、タンニンや苦みも合わさって図体の大きなワインだなぁと感じる。ただし、素直に大きいのであって、立体的な構成とかそういうのと相まってスケールにのけぞるような感じではない。でも、そういう価値をこの価格帯に求めるのがお門違いで、ともかくもスカラー量が大きいところで帳尻はあっているとは感じる。飲み進めてもあまり姿は変わらないけれどもひどく飽きることもメッキが剥がれて失速することもないので値段なりのことをやってくれたと思う。
 
 ※二日目は少し酸っぱさが混じってかえって良い飲み心地かも。墨汁みたいな香りも効いてて落ち着いている。安定。